阿部慎之助の終焉まで看取るブログ

2017年8月20日 阿部慎之助

第1打席 右犠 5球(ボール,ファール,ボール,ファール,右犠飛) 1打点
第2打席 二ゴ 5球(見逃し,見逃し,ボール,ボール,二塁ゴロ)
第3打席 右安 1球(右安打)
第4打席 一併 1球(一塁併殺)


DeNA3戦目は畠と濱口の投げ合い。阿部は4番ファーストでの出場。

1打席目は1回ノーアウト1.3塁のチャンス。高めの球を見逃して1ボールとしたが、続く同じ様な直球に差し込まれてしまう。3球目の外角スライダーを見逃したが、これはストライクと判定されてもおかしくないボールだった。
4球目、外角低めの直球に崩されてファールし追い込まれてしまった。が、5球目の甘いボールをライナーで打ち返した。
当たりが良くてライト正面に行ってしまったが、マギーの好走塁で犠牲フライとなった。

2打席目は3回2アウトランナー無し。外角高めの速球、続く外角速球を見逃し2球で追い込まれてしまった。
外角の落ちる球、チェンジアップを見極めて2-2としたが、低めの打球を転がしてしまい二塁ゴロに倒れた。

3打席目は5回2アウト1塁。初球の甘いボールを振り抜いて良い形で弾き返した。
しかし、弾道が上がらずフェンス直撃。ライトの守備もあり単打となってしまった。

4打席目は7回ノーアウト1,2塁。ピッチャーパットン。この打席も初球の低いボールを叩いたが、打ち損じてしまい一塁併殺打に倒れた。
この次の回の守備から交代となった。


やはり、一番良かった時期と比べると少し落ちているかなと感じた。
1,3打席目の打球はもっと弾道が高ければホームランになっていたはずだ。
これが入らないという事はどこか、少しだけ狂っているのだと思う。

しかし、ここで丁度良く月曜日の休養が入る。木曜日も休養である。たった1日、1日だが、ここを生かさなければシーズンを戦えないと思う。
苦手なナゴヤに入ってしまうが、ここを切り抜ければ東京ドーム6連戦が待っている。
何とか、この2戦を凌いで欲しいところだ。


私事だが、火曜水曜は試合を見られない。
良く考えるとこの記録をし始めてから毎日映像を見てきたが、試合を見る事が出来ないのは今回が初めてだ。
とりあえず結果だけは書くが、映像を見られるのが日曜日なので簡易更新とさせて頂く、

2017年8月19日 阿部慎之助

第1打席 二ゴ 2球(見逃し,二塁ゴロ)
第2打席 空三 5球(ファール,ファール,ボール,ボール,空振り)
第3打席 右飛 3球(ボール,見逃し,右飛)
第4打席 一ゴ 3球(ボール,ボール,一塁ゴロ)


DeNA2戦目は菅野と井納の投げ合い。阿部は4番ファーストで出場。

1打席目は1回2アウト3塁。外角高めに抜けた逆球がストライクになってしまい、不利なスタート。
続く外角低めのボールをセンター返しにしたが、打球が弱く二塁ゴロになってしまった。

2打席目は4回1アウトランナー無し。真ん中付近のフォーク、内角直球と連続でミスショットしてしまい追い込まれてしまった。
3球目の外角低めの際どい変化球とワンバウンドを見極めたが、ボールへ落ちていくフォークに空振り三振に倒れた。

3打席目は6回1アウトランナー無し。外角高めの大きく外れるボールからスタート。続く甘い変化球を見逃して1-1。
3球目の高めのボールを上手く振り抜いたが、スタンドまでは届かずライトフェンズ際で失速してしまった。

4打席目は8回先頭。ピッチャー尾仲。内角低めの変化球、外角低めの直球と見極めたが、3球目を引っ張ったゴロにしてしまい、一塁ゴロに倒れた。
この日は無安打に終わった。


前日も2安打こそ出ていたが、内野フライ2本にゴロばかりで内容は良くなかった。
この日もゴロ2つに三振1つ。3打席目も捉えたかなという打球が失速していたし、調子は落ち気味かもしれない。

マギーの満塁弾、好調が続く陽の打撃でなんとか勝ちを拾っているが、坂本も明らかに状態が悪く3,4番が中々打てない。
この3連戦は3連勝しなければならない。不調がどうとか、そういう言い訳は出来ない。
出ている以上は打たなければならないと思う。無論、勝てれば良いが、やはり4番が打って楽な展開に持ち込みたい。

4番に入ってからずっと出場が続いている。
夏場で体調を考慮すれば休養が欲しいところだが、チーム事情からそれは難しいだろう。
何とか試合に出続けながら修正していくしかない。
1本でも良い。勝利へ繋がる一打を期待したい。

2017年8月18日 阿部慎之助

第1打席 遊飛 2球(見逃し,遊撃飛)
第2打席 右安 2球(ボール,右安打)
第3打席 右飛 2球(ボール,右飛)
第4打席 投安 2球(ボール,投手安打)
第5打席 二飛 1球(二塁飛)


3位DeNAとの直接対決は田口と石田の投げ合い。阿部は4番ファーストでの出場。

1打席目は2回先頭。内角低めの厳しいボールでストライクを奪われてしまう。2球目の同じような内角低めのボールに手を出したが、完全に差し込まれてしまいショートフライに倒れた。

2打席目は4回1アウトランナー無し。初球は外角低めのカーブでボール。2球目、外角球を思い切り引っ張った打球はゴロになってしまったが、これが一塁ベースに直撃してライトまで跳ね、ヒットとなった。

3打席目は6回ノーアウトランナー無し。内角低めのボールを見極め、続く同じ内角のボールを上手く掬い上げた。
良い角度で上がっていたように見えたが、フェンス手前で失速してしまいライトフライに終わった。

4打席目は7回2アウト2塁。ピッチャーエスコバー。体の近くに危ない球を投げ込まれ、崩れながら避けた。
続く外角球に恐れず踏み込んだが、ゴロになってしまう。しかし、エスコバーのミットをボールが弾き、珍しい内野安打となった。

5打席目は9回2アウト1塁。ピッチャー砂田。サヨナラのチャンス、初球に浮いてきた甘い球を振りに行った。
しかし、これをミスショットしてしまい、珍しく感情を出して悔しがっていた。
これを仕留めていれば、というボールだっただけに、見ている側も悔しい打席だった。


宇佐見の劇的なホームランで勝つことが出来た。
しかし、やはり9回2アウトの阿部で決めておきたかった勝負だと思う。
あのミスをカバーしてもらっただけに、次の試合は打たねばならない。

この日は2安打したが、どれもゴロが運良く跳ねたモノで形としては良いとは言えない。
内野フライ2球は少し不安がある。

まだ1試合で判断はつかないが、この試合だけを見ると、良くなかったと思う。

このDeNA3連戦はAクラスに浮上するために3連勝しなければならない。
1戦目はどうにも勝ちに絡むことが出来なかったが、阿部が絡まずとも勝てたことはポジティブに捉えて次に繋げていくしかない。

選球眼は悪くない。ミスショットさえ減らせれば間違いなく打てると思う。
そういう部分に気を付けて、勝利へ繋がる一打を放って欲しい。

2017年8月17日 阿部慎之助

第1打席 右飛 3球(見逃し,ボール,右飛)
第2打席 四球 5球(ボール,ボール,ボール,見逃し,ボール)
第3打席 左飛 3球(見逃し,見逃し,左飛)
第4打席 遊ゴ 2球(ボール,遊撃ゴロ)


1回2アウト1塁 外角低め低く見えるが フォーク 上手く振り抜いたが詰まった
3回2アウト1,2塁 外角高め 外角高め 外角高め ど真ん中 低め
5回2アウト1塁 甘い変化球坂本盗塁 外角低め内に入ったボールがギリギリ 甘めのボール打ち損じ
7回2アウトランナー無し 松岡 内角低め抜け球 センターへ抜けそうな打球をショートに上手く処理されてショートゴロ


ヤクルト2戦目は内海と星の投げ合い。阿部は4番ファーストでの出場。

1打席目は1回2アウト1塁。外角低めの球をストライクの判定をされたが、これは厳しいボールだった。
フォークを見逃し、続く甘めのボールを振り抜いたが、バットの根元だったか。ライトへのフライに倒れた。

2打席目は3回2アウト1,2塁。外角高めの球が3球続き、ど真ん中を見逃すが、5球目は低めのボールで1球も振らずに歩いた。

3打席目は5回2アウト1塁。甘い変化球を見逃し、1塁の坂本が盗塁。続くボールが外角低めに入ってきたが、なんとコーナーギリギリを掠めて追い込まれてしまった。
3球目のボールに差し込まれ、レフトフライに倒れてしまった。

4打席目は7回2アウトランナー無し。ピッチャー松岡。初球は内角低めの抜け球。
続く低めのボールを上手くセンターに弾き返したが、これがベースに当たってしまいショートに上手く捕られてしまった。
不運なショートゴロに終わり、この日はヒットが出なかった。


結果は出なかったが、形は悪くない。2000本を焦っていた頃は全く四球が選べなかったが、最近は落ち着いている。
選べれば、打てる。この状態を続けて欲しい。

しかし、また1点差で負けてしまった。接戦に弱い。どうしても後1点が入らない。
4点目を奪いに行く走塁は失敗してしまったが、リプレイを見るとコーチが回している。
阿部の足もあるが、これは攻められないだろう。
こういう試合を拾わなければCSを目指すのは難しい。8月はかなり打っているのに接戦を毎回落としている。ここで勝たなければいくら点を取っても同じだ。

5ゲーム差に広がったが、金曜日からDeNAと直接対決が待っている。
ここで勝たなければCSもかなり厳しくなるだろう。
何とか阿部のバットで勝利へ導いて欲しい。
2000本を打って、初めての東京ドームである。
良い形で打って、勝って欲しい。

2017年8月16日 阿部慎之助

第1打席 空三 10球(見逃し,見逃し,ボール,ファール,ボール,ファール,ファール,ファール,ボール,空振り)
第2打席 中飛 6球(見逃し,ボール,ボール,ファール,ファール,中飛)
第3打席 右本 4球(ファール,ファール,ボール,右本塁打) 14号1打点
第4打席 左安 1球(左安打) 1打点


2回先頭 甘い直球 同じ様なコースの変化球 外角際どい 内角低め変化球 外角高め 高め 高め変化球 真ん中付近の変化球 高め抜け球 内角高め直球
4回ノーアウト1塁 外角変化球 外角直球際どいストライク気味 外角高め変化球 外角直球何とか当てる 外角球 高めの球上手く打ったが
6回1アウトランナー無し 内角球大きく打ち上げた 高めのボール振り遅れ気味 外角際どい 高めのボールを完璧
8回1アウト1.3塁 村中 外角球流し打ち


2000本安打後の初戦はヤクルト。マイコラスと原の投げ合い。

1打席目は2回先頭。初球の甘い直球、同じ様なコースの変化球を見逃して2球で追い込まれてしまった。
続く外角の際どい球を見極め、内角低めの変化球を何とかファールにする。外角高めのボールを見極め、高めのボール、変化球、真ん中付近の変化球と3球連続ファールで逃げる。
9球目のボールが外角高めに抜けてフルカウントを作ったが、最後は内角高めの直球を振って空振り三振に倒れた。

2打席目は4回ノーアウト1塁。外角変化球を見逃し、1ストライク。続くストライク気味の球をボールと判定されて1ボール、外角高めの変化球を見極めて2ボールにするが、外角直球をファールにして追い込まれてしまう。
続く外角球もファールで逃げ、高めのボールを上手く捉えたが、センター正面のフライに倒れた。

3打席目は6回1アウトランナー無し。坂本のホームラン直後で初球から積極的に振りに行った。
内角球を大きく打ち上げてファール、続く高めのボールを振り遅れてファールで2球で追い込まれてしまった。
しかし、続く外角の際どい球を見極め、続く高めに浮いたボールを振り抜いた。

img_20170816195900279_1287781718886345066.jpg

2001安打目は完璧なホームラン。右中間に強い打球がそのまま飛び込んだ。
阿部らしい良い当たりだったと思う。効果的な追加点となった。

4打席目は8回1アウト1,3塁。ピッチャー村中。
初球、外角球を逆らわずに叩いた。

img_20170816202059887_8691175424714839447.jpg

詰まった打球だったが、スライディングするバレンティンが捕球出来ず、タイムリーヒットとなった。
完全にラッキーなヒットだったが、ダメ押しのタイムリー。ここで代走を送られて交代となった。


2000のカウントダウンが始まってからは中々ホームランが出なかったが、見事。
右方向に強いホームランが打てる。まだまだ、調子は落ちていないと見ても良いだろう。

広島あたりでゴロが増え始め、どうかなと思っていたが2000本の緊張もあったのかもしれない。
この日は三振以外全て外野に打ち返していた。良い状態だ。

見ている側としては、2000を打って落ち着いた感じがあったが、次の試合でいきなりホームランを打ってしまうのは本当に素晴らしい。
本当に通過点だと思っていなければ、チームを浮上させると思っていなければ絶対に出来ない一打だろう。
2000の次だからこそ、阿部らしさが出ていたとても良い試合になったと思う。

現地にずっと行っていて中々書くことが出来なかったが、実は2014年以降で一番打点を稼いでいる。
近年はセイバーメトリクスがメジャーになってきて打点は打者を評価するのに適していないという意見が定着しつつある。
僕もそう思っているが、それでも4番として出ている以上は多くて困る事はない。
故障、不調、色々な要因が重なって中々数字を積み上げられなかったから、この数字は個人的にどんどん伸ばしていって欲しいと思っている。
ただ、打点は増えているが他の数字が減っているのも事実だろう。一塁手としては満足とは言えない数字が並んでしまっている。

今月の数字は4月よりも良い。この調子をキープしていれば、シーズンが終わった時、一定の数字が残っているハズだ。
今シーズンの残り試合を考えると、6試合に1本塁打のペースで打てば20本塁打に届く。
このラインに届かせれば400本塁打まで一桁になり、来シーズンの達成が見えてくる。
2013年以来の20本塁打、是非達成して欲しいと思う。

チームとしては、下位のヤクルトとの試合は絶対に取りこぼせない。
内海が投げる試合、速めの援護が試合を決める様な気がする。
落ち着いて、楽に投げられる様な状況を作るため、阿部の援護に期待したい。
プロフィール

ハイツ北村

Author:ハイツ北村
上原浩治と会いたい。
阿部慎之助と話をしたい。
道重さゆみと結婚したい。

どれも現実にしてみせます。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
アクセス数
リンク