阿部慎之助の終焉まで看取るブログ

2017年5月23日 阿部慎之助

第1打席 空三 6球(見逃し,ボール,ボール,空振り,ファール,空振り)
第2打席 三併 2球(見逃し,三塁併殺)
第3打席 左飛 5球(ボール,ボール,ボール,見逃し,左飛)
第4打席 一ゴ 8球(ファール,ボール,見逃し,ファール,ボール,ファール,ボール,一塁ゴロ)


打てない。ただ、その一言に尽きる。

1打席目は1回2アウト1塁。外角低めの直球に手が出ない。俺には迷った様に見えた。
続く内角高めの直球を引きながら避け、外角高めが逸れる。
近めの速球を打ちに行ったが、肘を折りながら窮屈な空振りをしてしまった。
内角低めの球をサード方向になんとかカットしたが、最後は外角低めのフォークに空振り。

2打席目は4回1アウト1塁。内角低めの逆球に手が出ない。続く外角のボール球を打ってしまい、三塁への併殺打に終わった。

3打席目は7回の先頭。フォークを見逃し、続く2球が外角高めに外れて3ボールとなった。
ド真ん中の球を見逃し、1-3から外角の甘い直球を打ちに行った。狙いは良かったが、ボールの勢いに負け、レフトフライ。

4打席目は8回2アウト3塁。ピッチャーは髙橋。
いきなり高めの球を振りに行ったが、これも打ち損じてファール。内角に近い球を投げられ、続く内角低めの緩い球でタイミングを外されて追い込まれる。
外角低めのボール球を何とか当ててカット。ワンバウンド気味の球を振り掛けるが、バットを止める。
甘い変化球にタイミングを外されるが、大きく崩されながらも何とかファールで逃げる。
続くフォークを完璧に見極めフルカウントまで持ち込んだ。
最後は外角のボール球を上手くミートしてセンターに打ち返したが、ピッチャーに当たり、しかも一塁方向に転がってしまう余りにも不運な打球で一塁ゴロに終わった。


苦手甲子園、とにかく打てない。秋山の調子は決して良く無かった。ランナーを置いて2度、8回には秋山が降りてから1度打席が回ってきた。決めなければいけなかった。

前の試合からゴロが増えてきた。3打席目の打球もボールの下を叩いてしまい、しっかりミートが出来ていない。
体調が悪く無いのは見ていて分かるが、前回は田口の完封に助けられ、今回は菅野、マシソン、カミネロのリレーに助けられている。
4番がこれでは中々勝てない。

2戦目は能見の先発が発表されている。今の状態だと下げられてしまうかもしれない。
もし、出場しないのであればしっかり休養を取って3戦目に備えて欲しい。
出場するのであれば、何とか、どんな打球でも良いから結果を出して欲しい。

チームは勝っているが、見ていて苦しい試合が続く。
何とか、本当に何とか一打が欲しい。打てる事を願う。

2017年5月21日 阿部慎之助

第1打席 二ゴ 2球(空振り,二塁ゴロ)
第2打席 空三 7球(ファール,ボール,ボール,見逃し,ファール,ファール,空振り)
第3打席 三ゴ 3球(ファール,空振り,三塁ゴロ)
第4打席 中安 3球(ボール,ボール,中安打)
第5打席 二ゴ 3球(空振り,ファール,二塁ゴロ)


勝ち越しを決めたい3戦目は田口と今永の投げ合い。

阿部の1打席目は1回2アウト1塁。内角の変化球を積極的に振りに行くが空振り。続く高めの球を引っかけて二塁ゴロに倒れた。

2打席目は3回2アウト1,3塁のチャンス。外角直球をファール。続く外角高めの際どい球を見極める。更に内角低めの変化球の抜け球を見逃して2ボールになった。
ここから3球牽制が入り、続くボールがクイックで投じられた。阿部は足を付くタイミングを見失い見逃すしか無かった。
変化球が内角低めに決まって追い込まれた。
これを意識したのか、続く甘い直球を打ち損じ、外角スライダーを何とか当てて粘ったが、最後は内角の直球で空振り三振に倒れてしまった。

3打席目は5回1アウトランナー無し。内角直球をいきなりフルスイングしに行ったが、ファール。続く高めの変化球にも空振りあっさり追い込まれてしまった。
3球目の外角球にバットを合わせたが、弱いゴロがサードに転がり凡退となった。

4打席目は7回1アウトランナー無し。ピッチャー藤岡。外角に抜け球が2球続いた後の甘いボールを強く捉えた。
ライナー性の当たりがセンターに抜け、この日初ヒットとなった。

5打席目は9回2アウトランナー無し。ピッチャー田中。外角の大きなカーブに空振り。続く外角高めをファールして、2球で追い込まれた。
続く高めの球を片手で当て、弱いゴロが転がった。内野安打コースだったが、阿部の足では厳しくアウトになってしまった。


DeNA初戦までは中々良いアプローチをしていたと思うが、去年も打てなかった今永相手に随分苦労していた。
前日、インコースを変な見逃した方をしてからなんだかおかしい様に見える。
特に3打席目、5打席目と当てただけの様な弱いスイングがとても気になる。
良い時は初球から振りに行くと、ほぼ確実にミートしているが、この日は4度振りに行って、ミスショット2回と空振り2回である。
また、少し崩されたと思うと頭が痛い。

オマケに火曜日からは首位阪神と、苦手甲子園で3連戦が待っている。
阿部にとっても、巨人にとってもかなり苦しい。

坂本も四球を選ぶのがやっとで阿部が共に倒れてしまっては巨人は相当厳しい。
交流戦前最後の2カードが首位阪神、2位広島と来れば絶対勝ち越さなければならない。

なんとしても、阿部には打って欲しい。優勝へ望みを繋ぐため、交流戦前に最低でも3ゲーム差には張り付いて欲しい。
崩された状態で、たった1日で復調するのは難しいかもしれない。
それでも、俺は阿部ならやってくれると信じている。

2017年5月20日 阿部慎之助

第1打席 死球 4球(見逃し,空振り,ボール,死球)
第2打席 空三 7球(ボール,ハーフスイング,見逃し,ファール,ボール,ボール,空振り)
第3打席 四球 6球(ボール,ボール,見逃し,ボール,ファール,ボール)
第4打席 二ゴ 7球(ボール,ボール,見逃し,空振り,ファール,ボール,二塁ゴロ)


2戦目はクラインが巨人戦初登板。

阿部の1打席目は1回2アウト3塁。内に抜けてきた変化球を見逃し、続く内角低めのチェンジアップを空振りしてしまう。
続く外角高めを見逃し、2-1。4球目、内角に抜けてきた球を避けたが、膝を掠って死球となった。

2打席目は2回2アウト1塁。外角の抜け球から入られ1ボール。続く外角低めのボール球をハーフスイングしてしまったが、坂本が盗塁して2塁となった。
続く内角の変化球に腕を引いて避けるがストライク。真ん中の甘い球をファールし、内角の球を仰け反って避けて2-2。
内角の高めを振り掛けるが、バットが止まりフルカウントまで持ち込んだ。
しかし、最後は内角低め、苦手コースにチェンジアップを決められて空振り三振に倒れてしまった。

3打席目は5回1アウトランナー無し。ワンバウンド、大きな抜け球で2ボールが先行する。
内角変化球に腕を引いて避けるが、これはストライク。続く外角高めの球が外れ3ボール。
外角高めをファールして追い込まれてしまったが、続く同じ様な球がボールに逸れ、四球となった。

4打席目は8回1アウトランナー無し。ピッチャー三上。内角低めに同じ様な球を続けられるが2ボール。
外角直球を見逃し、続く変化球が甘く入ったが中途半端なスイングで空振りしてしまい追い込まれてしまった。
続く内角球を強くファールし、外角の抜け球を見逃してフルカウントに持ち込んだが、最後は高めの球に詰まらされてセカンドゴロに倒れた。


img_20170520153833882_3635523413139933618.jpg

この日で2000試合出場という素晴らしい記録を達成した。
それだけに試合に負けてしまったのは残念でならない。

阿部の打席は凡退した2打席もフルカウントまで持ち込めていた。悪くは無いと思う。
しかし、内角球に仰け反ってストライクを奪われる場面が2度あった。内角攻めにフォームを崩さないか、それだけが心配である。

この試合に関しては内海が全てだろう。これで防御率は6点を超えてしまった。
不調の要因はやはり四球が増えている事だろう。元々三振が少ないタイプなので、四球が増えてしまうとピッチングが苦しくなる。
この日の失点も四球絡みで、ここを改善しない限りはどうにもならないだろう。

珍しくクリーンナップ以外で得点しても、負けてしまっては意味が無い。
3回以降、打線が沈黙してしまっては勝てない。
難しい場面だったが、唯一チャンスで巡ってきた2打席目、あそこで1点追加出来ていれば…。そう思わずにはいられない試合だった。

2000試合出場の試合は勝利で飾ることが出来なかった。再び負ければ借金の土壇場に追い込まれている。
左の今永だが、流石に阿部の休養という事は無いだろう。
今永とは去年は6打数1安打、今年も2打数0安打とあまり相性が良いとは言えない。
だが、今年の阿部は左投手に対して良い打撃をしている。
坂本が少し不調だが、ここでカバーするのが4番の役目だろう。
是非、阿部の一本で勝利をもぎ取って欲しい。

2017年5月19日 阿部慎之助

第1打席 左飛 3球(見逃し,ボール,左飛)
第2打席 右二 5球(ボール,ボール,見逃し,ファール,右中二塁打)
第3打席 左飛 1球(左飛)
第4打席 中二 3球(見逃し,ボール,右中二塁打)


DeNA戦、前日はスタメンを外れたがしっかり4番で戻ってきた。

1打席目は2回先頭。外角低めにストライクを決められ、続くワンバウンド気味のボールを見逃した。
1-1から外角球にバットを合わせたが、それ程伸びずレフトフライに倒れた。

2打席目は4回2アウトランナー無し。内角高めに直球を投げられ、続く外角低めの球もボールで2ボールとなった。
しかし、2球目と同じ様な球を今度はストライクに入れられ、1-2となってしまう。更に続く内角の球をファールさせられ追い込まれてしまった。
だが、5球目の外角のフォークを鋭いスイングで振りに行った。
強く捉えた当たりは凄まじい速さで二塁の横を抜けていき、そのまま右中間を割った。
余裕を持って二塁まで走り、2アウトながらチャンスを作った。

3打席目は7回1アウトランナー無し。初球、真ん中付近の甘い球を上手く流した。
打球を見た瞬間はレフト前だと思ったが、思ったより伸びてしまったのかレフトフライに終わってしまった。

4打席目は9回先頭。ピッチャーはパットン。初球、いきなり外角高めのボール気味の球でストライクを奪われてしまう。
続く球は外角高めに抜けて1-1のカウントを作った。
勝負は3球目、外角に投げられた直球に踏み込んだ。
良い打球が右中間を割り、再び余裕を持って二塁まで到達した。
ここで代走を送られ、この日はベンチに下がった。


休んだ後なのでリズムが狂わないか心配だったが、良い活躍だったと思う。
特にクローザーに対して先頭で向かった打席は素晴らしかった。
なんとしても1点が欲しい状況で得点圏で好調マギーの状況を作ったのは素晴らしい。

また、調子は上向きにあると思う。2打席目の打球は鋭いライナーだったし、他の打席は全て外野にフライを飛ばしている。良い傾向だ。
今シーズン初の猛打賞を記録して以降、再び三振が減った。あの試合以降7試合(前日の代打を含めると8試合)で三振は1つである。

加えて、8号を逆方向に打った時のコメントで久しぶりの感覚というコメントがあった。
あの打球以降、意識がかなりレフト方向に寄っている様に見える。
その中でも、この日は2本引っ張ったヒットを打った。
意識を左に置きながら、甘い球を引っ張るという理想の打撃に近付いているのでは無いか。
今の状態は見ていてワクワクさせられる。

ここ数年は引っ張り専門に近くなっていた阿部の打撃が又、大きく変わりだしている様に見える。
阿部の中で何かを掴めれば、これ以上は無い。
大きな進化を期待したいところだ。

この日は阿部は全てランナー無しの打席だった。好調マギーに繋ぐチャンスメイクが出来たのは良かった。
坂本の調子も落ち着いて来ているため、中々チャンスで回ってくる事が無いが、少ないチャンスが巡ってきた時は何とか一打を放って欲しい。
首位とのゲーム差が4.5は遠い。敵地であるが、なんとか勝ち越し、3連勝を目指して欲しい。
次の先発は内海。今シーズンはかなり打ち込まれ、防御率が良く無い。
相手の先発は右のクライン。
内海に勝ち星を付けるため、左打ちの阿部が中心となって打ち崩して欲しい。

2017年5月18日 阿部慎之助

第1打席 中飛 1球(中飛)


全く意味が分からない。
左投手という事で阿部の休養にするのであれば完全休養にするべきではないか。
タイミングも意味不明である。
まず、この3戦目はカード勝ち越しを決める試合である。しかもホームで負けられない試合だった。
加えて負ければ勝率が.500に逆戻りという試合で、何故阿部を4番から外したのか?

休養を入れるのであれば、ビジターで18:00→14:00に試合時間が変わる金曜か土曜だろう。
このタイミングで休養を入れるのであれば、故障を疑うが、代打で出場した事からそれも考えにくい。

本当に腹が立つ代打起用だった。
DeNA戦を前に勢いが付くどころか失速してどうするのか。

次の横浜スタジアムでは井納の先発が決まっているので、阿部が4番だろう。
前日までは良い当たりが多かったので、何とかリズムを崩さずに入って欲しい。
ただ、それだけを願う。
プロフィール

ハイツ北村

Author:ハイツ北村
上原浩治と会いたい。
阿部慎之助と話をしたい。
道重さゆみと結婚したい。

どれも現実にしてみせます。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
アクセス数
リンク