阿部慎之助の終焉まで看取るブログ 野球

2017年4月13日 阿部慎之助

第1打席 右二 3球(見逃し,ボール,右線二塁打) 1打点
第2打席 二併 5球(見逃し,ボール,ボール,ファール,二塁併殺)
第3打席 右安 1球(右安打) 1打点
第4打席 中飛 1球(中飛)


いくらなんでも負け方が余りにも酷すぎる。
こんなに酷い3連敗は見たことが無い。

4点ビハインド、2アウトから坂本が出塁し、阿部が二塁打。坂本が激走を見せて得点。
そこからマギーの本塁打で1点差の流れはなんとしても負けられないという坂本、阿部の気迫を感じた。
2打席目にエルドレッドの捕球ミス、田中のエラーで作ったチャンスを阿部が併殺で潰してしまったが、続くマギーがタイムリーを打ちカバーした。これぞチームだ。

そして、5回2アウトのチャンスを再び4番の阿部が決める。素晴らしい逆転劇だった。
昇格した高木は素晴らしいピッチングで2回途中から投げ抜いた。7回は球威が落ち、外野に飛ばされたが完璧だった。
マシソンが凌ぎ、完璧な流れだったはずがまさかの逆転負け。9回に7点を入れられるのは厳しすぎる。

8回坂本が作ったチャンスで1点が入っていれば…と思っていたが、まさかこんな逆転を食らうとは想像もしていなかった。

2軍ではギャレットが骨折、暫く復帰は難しい。野手陣は現状のまま戦うしかない。橋本を上げて欲しいが、難しいかもしれない。
とにかく、投手起用を考えて欲しい。
カミネロが打たれてしまったのは仕方が無い。これが今年の巨人のパターンだし、負けてはいけない試合ではあったが選択肢が他に無かった。
だが、カミネロを変えて池田を出したのは全く理解が出来ない。
何故2連投中のルーキーを出すのか?ほぼ負け試合になっていた状態でこんな酷使をする意味が分からない。
昇格させた乾の試投にしておけば明日以降の試合への判断材料になったのではないか?
とにかく投手起用が全く理解出来ない。

野手もここまで開幕から0打点の長野が完全にストッパーになっている。
石川を落とし、橋本を昇格させて長野を代打にして欲しいが…。

ともかくもう連敗してしまった事は仕方が無い。次のリベンジの機会を作るためにも連敗は止めなければならない。
マイコラスで仕切り直し、もう1度広島に迫って欲しい。
好調阿部はこの調子を維持する事。中日戦でも勝利に繋がる一打を期待したい。

2017年4月12日 阿部慎之助

第1打席 右本 1球(右本塁打) 5号 2打点
第2打席 遊ゴ 4球(見逃し,ファール,ボール,遊撃ゴロ)
第3打席 空三 5球(見逃し,ボール,ボール,ファール,空振り)
第4打席 遊ゴ 3球(見逃し,空振り,遊撃ゴロ)


前日のミスを取り返すかのように1打席目の初球から躍動した。

img_20170412181620341_63369364755722780.jpg

初対戦の床田の外角変化球を上手くミートし、右中間に運ぶ5号先制アーチ。
阿部慎之助デーに相応しい先制打だった。

だが、先発内海が全く粘ることが出来なかった。
新井、エルドレッドに2打席連発でホームランを食らい、ほぼゲームが決まってしまった。
代打村田のスリーランが出たが、反撃はそこまで。中継ぎ陣が次々と失点し、終わってみれば前日と同じ9失点の大敗だった。


色々言いたいことがあるが、この試合に関しては3打席目が重要だった。
向こうは5失点した状態の床田を続投させてきた。ブルペンの状況を考えると仕方の無い続投だった。
だからこそ、クリーンナップから始まる巨人打線が何とかしなければならなかった。
広島は隙の無い攻撃で得点を積み重ねていた。この生じてしまった隙につけ込めなかったのが敗因だろう。

チーム編成に関しても言いたい事がいくつかある。
まず、谷岡はどう考えても力不足だろう。2軍で調子の良い高木を上げてリリーフ要員を増やすべきだ。

また、リードに不安のある相川だが、マイコラスと組んだ15年は良い結果が出ていた。
相川を昇格させてマイコラス専門で組ませて小林の休養日を作るべきである。

そして、マギーはどう考えても良く無い。5番で打つには余りにもパワーが足りない。
マギーと村田の選択でマギーを取っているだけならまだしも、外国人枠の関係でギャレットを使う事が出来ない。
2人で49本塁打を稼いだ去年からのマイナスがどう考えても痛過ぎる。
本来バックアップ要員のはずだったマギーをスタメンで固定し、村田をずっとベンチに置いている意味が分からない。
ギャレットを上げる事で岡本の出場機会が減ってしまうが、左右でギャレットと併用しても良いし、阿部と村田の休養日に出場する機会がある。
ギャレット、村田のような長距離砲が居なければ阿部の休養日を作る事も出来ない。何もかもが上手くいかない。


余りに酷い連敗で色々な事を書いたが、とにかく一矢報いて欲しい。
東京ドーム3連敗で広島に苦手意識を作ったまま1年間戦う事だけは避けたい。
主軸の調子も落ち始め、坂本、マギー共に数字が落ちてきている。
元気な阿部が打撃でチームを引っ張って欲しい。

2017年4月11日 阿部慎之助

第1打席 一ゴ 5球(ボール,見逃し,ボール,ボール,一塁ゴロ)
第2打席 右飛 7球(ボール,ボール,ボール,見逃し,見逃し,ファール,右飛)
第3打席 四球 4球(ボール,ボール,ボール,ボール)
第4打席 中安 7球(見逃し,空振り,ボール,ボール,ボール,ファール,中安打)
第5打席 四球 4球(ボール,ボール,ボール,ボール)


やはり広島は強いと実感させられる試合だった。
阿部は1,2打席目は内角をしつこく攻められ、外角で打ち取られるパターンを作られてしまった。
しかし、3打席目は交代際のヘーゲンズからしっかり選球し、4打席目は中田に対して簡単に追い込まれながらボールを選び、最後は低めを掬い上げてヒットを放った。
5打席目も交代際の今村から四球を選んだ。

だが、この試合では守備で大きなミスをしてしまった。簡単なゴロを野選でオールセーフにして得点を入れられてしまった。
そこから菅野が打たれ、続いたルーキーも打たれ、終わってみれば流れを作る大きなミスとなってしまった。

球数が多かった菅野や追い付き切れなかった長野など探せば他にも色々と出てくるが、イージーミスは阿部の守備だけだった。
あそこで1アウトを奪えば新井で終わっていた。あんなビッグイニングは無かった。

広島はやはり、強い。小さなミスから大量得点を生み出す力がある。
同点に追い付いても跳ね返される。力の差を感じた。

守備以上に大きな課題も残った。7回を任せたい森福が打たれ、長野は2併殺、あんな厳しい場面で送り出されて打たれてしまった谷岡の精神的な負担は大きすぎる。
次以降の試合に響いてしまう大きな負け方をしてしまった。

12日は阿部慎之助デー、プレイヤーズデーである。
ミスを挽回する大きな活躍を期待したい。明日はドームに行き、巨人の地力を見たい。

2017年4月9日 阿部慎之助

第1打席 遊ゴ 5球(見逃し,ボール,ボール,ファール,遊撃ゴロ)
第2打席 二ゴ 1球(二塁ゴロ)
第3打席 右安 5球(ファール,ボール,ファール,ボール,右安打) 1打点
第4打席 中安 1球(中安打)


雨で1安打が流れてしまった後の3戦目。相手ピッチャーは能見。

阿部の1打席目は2回の先頭。2-2に追い込まれてから内角の直球を上手く打ったが、ショートゴロに倒れた。
この打席も途中で仰け反る様な球を投げられている。阪神バッテリーも明らかに警戒しているのが分かった。

2打席目は4回2アウト2塁。この日初めてのチャンスだった。が、初球から外角のフォークを引っかけてゴロを放ってしまった。

3打席目は7回ノーアウト1,3塁のチャンス。外角球を打ち損じてしまったが、初球から積極的に手が出る。
1ボールから内角球を打ち損じてしまい、追い込まれてしまった。しかし、続くワンバウンドを見逃してカウントを整えた。
5球目、外角の落ちる球を片手で捌いた。
15年の開幕直後、捕手復帰した時もこういうヒットがあった。
前の打席、引っかけてしまった球を今度は片手を離して手首で強引にライトに持って行く。
最低でも犠牲フライを打とうという強い気持ちが見えた。

4打席目は8回2アウト1塁でピッチャーはマテオ。外角球を良い形でライナーヒット。
調子は続いていたが、裏に得点を入れられてしまい敗戦を喫してしまった。


雨で1安打を損してしまったが、それ以上の2安打を放ってくれた。
阪神バッテリーが露骨に内角を攻めて来る中で2安打が出たのは大きいだろう。

特に2打席目で打ち取られた球をしっかり打ち返すのは流石である。
以前もこういう打撃は見たが、こんな技術を持っているのは日本で阿部だけだ。

坂本、阿部の繋がりが良いだけに長野の深刻な不調が気掛かりである。
恐らく陽が戻ってくればこのままの長野が常にスタメンで出場を続けるのは難しくなる。
なんとか結果を出したいところだろうが…。
現状は阿部が打っているから、そこまで大きな負担になっていないが、落ち着いてきた時に長野がカバーする様な形になればベストではないか。

ホームラン3本で負けてしまうのは向こうが上だったと言わざるを得ない。
ただ、マシソンとカミネロを休ませる事が出来たのは大きい。
火曜日からは首位を入れ替わられた広島との3連戦である。
久しぶりに東京ドームに戻っての試合で、阿部慎之助デーも12日に控えている。
首位奪還のため、阿部の打撃に期待したい。

2017年4月8日 阿部慎之助

第1打席 左二 4球(ファール,ファール,ボール,左中二塁打)


雨の中試合が出来るか不安だったが、やはり中止になってしまった。
追い込まれた所から外角球を上手くミートして左中間に運ぶ素晴らしい打撃がチャラになってしまったのは非常に残念である。

これで終わってしまうのもなんだかアレなので、前日のアスリートの魂について。

もちろん阿部の悩みは知っていたつもりだったが、予想より遥かに悩んでいた。
素晴らしい打撃の前にある努力や悩みを見る事が出来るのは特集の良いところである。
去年の2軍生活の様に苦しむ姿は中々報道されないので貴重なモノを見る事が出来た。

あれだけ悩んで、ホームランを打つために努力して、ボロボロの体で更に身を削りながら野球に専念する。本当に凄い男だと思う。
悩みながら凄くいい顔をしていた。僕も人生、一度はああいう男らしい顔をしてみたいなと感じた。
プロフィール

ハイツ北村

Author:ハイツ北村
上原浩治と会いたい。
阿部慎之助と話をしたい。
道重さゆみと結婚したい。

どれも現実にしてみせます。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
アクセス数
リンク