阿部慎之助の終焉まで看取るブログ 2013年03月

土曜日は東京ドーム

今日は球場に着ていくユニフォームが届きました。

DCIM0041.jpg

相変わらず阿部のオーセンティックユニ。
肩のエンブレムのためだけに買い換えました。


今年はプレミアムラウンジでも見てみたい!
まずは、一緒に行ってくれる友達を作らなきゃ……。

最近

プロテインを飲みながら筋トレをサボっていたら普通に太ってしまいました。

このままじゃアカンと言う事でランニングを始めました。

1日30分、痩せるまで頑張ろう。

無策の侍ジャパン

最後に一矢報いた様に見えたとしたら、勘違いもいいとこ。
荒れていた投手側の自滅であって長野、角中はピッチャーが要求通りに投げていたら凡退していた。
唯一見えた希望は首脳陣が松田に代打本多を出した事。
松田は完全に変化球が打てないのがバレてたし、万が一にも打てる可能性は無かった。(そこまで考えての代打とは思えないけど。)

今回の大会を通じて色々な弱点を持った打者が見えてきたが、長野は特に酷い。
何故長野が打てないのか指摘出来ない首脳陣、特に打撃コーチの立浪は更に酷い。
長野は自分が逆方向に強い打球を飛ばせる事を分かっている。
分かっているのは良いが、逆方向に打てるから外角が得意だと勘違いをしている。
9回のキューババッテリーのリードを見れば分かるが、キャッチャーは全球外角に構えていた。
キューババッテリーは事前のスカウティングで長野が外角を打てない事を知っている。
つまり、キューバにとっての長野は新人王、首位打者、最多安打とキャリアを積んできた日本の中心打者ではなく、外角を投げておけば打ち取れるただの安牌でしかない。

ここまで徹底した外角攻めを食らいながら、まだ長野の復活を”待つ”だけなら、もう立浪は居る価値無し。
長野にアドバイスを送るとすれば、真ん中寄り外側はたとえストライクでも捨てる事。
ピーコが中軸から外すとは思えないから、長野が外角を追いかけて凡打を繰り返していてはアメリカにすら行けない。


まぁ長野、松田等の穴がある打者が見切られていたところまでは許す。(本当は許せない。)
次の台湾戦、打てなかったら無能首脳陣を許さん。
相手はメジャーで最多勝を受賞した事もある王建民。
ワンの情報(得意球種、コース、攻め方等)は調べれば幾らでも出てくる。
台湾戦はワンがマウンドに居る間に何点取れるかが勝負。
今日の反省を生かして、攻め方を変えなければ絶対に勝てない。
もし今回同様に無策で凡退を繰り返すなら負けても良い、と言うより負けて当然。

確かに統一球の影響は強いが、今回を含めてイライラさせられる要員はスカウティング不足が大半を占める。
間違った戦略で終盤まで試合を進めてやっと修正する頃には7回、8回という展開はもう勘弁。

もし今日の試合をただの負けだとか良い試合が出来たとか思ってるなら、首脳陣は全員腹を切った方が良い。
澤村や今村が何故直球を見切られ、狙い済ましたように打たれたのか?
キューバが速球を得意としているから?そんなはずが無い。
澤村や今村がどんな投手か知っていたからだ。

こっちだけ一方的に丸裸にされ、弱点を見切られ、恥ずかしいくらいボコボコにやられた、完敗だった。
見ている俺が悔しかった。

WBC 各国注目の選手(ベネズエラ)

【野手】
パブロ・サンドバル(Pablo Sandoval)
.283 12本 出塁率.342 長打率.447 wOBA.338
通称カンフー・パンダ。日本のパンダと同じで怪我が多い。
二度あることはサンドバル。去年のWSで3打席連続ホームランを打ってMVPに輝いた。
サードの守備はそこそこ上手いため、彼がサードを守り、カブレラがファーストを守る事になるはず。
決勝の舞台AT&Tはジャイアンツの本拠地。活躍が期待される。

エルビス・アンドリュース(Elvis Andrus)
.286 3本 出塁率.349 長打率.378 wOBA.322
ダルビッシュの後ろを守るショート。
メジャー屈指の守備力を誇り、毎年30盗塁前後を記録する足も持ち合わせる。
ただ、広い守備範囲を持ちながら毎年15失策以上を記録するなど坂本とタイプは似ている。

ミゲル・カブレラ(Miguel Cabrera)
.330 44本 出塁率.393 長打率.606 wOBA.417
2011年の時点でプホルスを越えていたが、2012年の成績で世界最高のバッターであることを証明した。
45年振りのメジャー三冠王、ア・リーグMVP。
打撃に関してはDET入り1年目以外はwOBA.400をクリア。
課題は走塁と守備でとにかく足が遅く、UZRも-10を記録するなど打撃以外の面は散々。
WBCではサンドバルが居るので、恐らく2011まで定位置だったファーストを守る事になる。

カルロス・ゴンザレス(Carlos Gonzalez)
.303 22本 出塁率.371 長打率.510 wOBA.374
首位打者も獲ったことがあるCOLの主砲。主にレフトを守る。
毎年OPS.900前後、20盗塁を記録する俊足の中距離砲だが、COL選手の例に漏れず極端な内弁慶。
ホームでは.368 13本 OPS1.064と打ちまくったが、アウェイ成績は.234 7本 OPS.706と平凡以下のバッターに成り下がった。
ホームのクアーズフィールドと真逆の左打者が超不利なAT&Tでどんな打撃を見せるか注目。
プロフィール

ハイツ北村

Author:ハイツ北村
上原浩治と会いたい。
阿部慎之助と話をしたい。
道重さゆみと結婚したい。

どれも現実にしてみせます。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
アクセス数
リンク