阿部慎之助の終焉まで看取るブログ 2013年12月

中井大介の才能を潰す事は許されない

中井は149打席に立って12三振。この三振率は異常過ぎる。
序盤のマークが薄かった事を差し引いてもここまで三振しない選手はセに一人も居ない。


中井は素晴らしい打者になれる才能がある。
恐らくこれだけミートが出来るなら3割を簡単にマークできる打者になれる。
タイプ的には内川の成長線にかなり近い。

ただ、中井には内川よりも長打力がある。
シーズン20本打てる。

中井は .300 20本 .350 .500 .850 位の成績をコンスタントに残せる才能がある。

外国人外野手なんて要らない。是非外野スタメンでの起用を。


才能を潰すことはあってはいけない。
プレーに惚れた、パンチ力がある、そんな曖昧な理由で中井が素晴らしい訳じゃない。
中井は三振をしないはっきりとした数字に出る才能があるのだ。
出せば打つと分かっている選手を出さない理由は無い。

村田修一 3年10億の契約について

単年契約を予想していたから、まさかの3年契約には驚いた。

ただ、村田の成績推移を見れば契約したくなるのも無理はない。

2013村田の 四球/三振 推移
4月 10/20
5月 *7/15
6月 *5/13
-----フォーム変更-----
7月 *9/*9
8月 12/12
9月 *6/*4

村田は過去5年間で四球と三振が並んだ月が1度も無い。
その選手が3ヶ月連続でこの傾向になってきたのは確変では無く成長と見るべき。

更に注目は9月の成績にある。
前2ヶ月の反動がもろに来て打率.231に終わるも、殆ど三振をしていない。

つまり、たまたま2ヶ月間が好調で球が見えていただけではない。
純粋なコンタクト能力が上がっている事の証明である。

12年の阿部が意識変更で進化を遂げた様に村田もその領域に近づきつつある。

僕は阿部の真似をして失敗する村田修一が好きだった。
でも、恐らく来年は阿部の両足の怪我が完治しない限り打撃成績は抜かれてしまうと思う。


今の村田は横浜時代とは違う、新しい村田修一。
巨人贔屓に聞こえるかもしれないけど、間違いなく村田が成長したのは巨人のお陰である。
色んな人が復活と言う言葉を使う。でも、村田は復活ではない。全く別の打者に生まれ変わったのだから。

コンタクト能力が低かった村田がこれだけ三振しなくなったのは巨人と言う環境に身を置いたお陰だろう。
12年、繋ぎの打者を意識し、空回り。責任感が強く、優しい村田だからこそ思い悩み泥沼にハマっていった。
13年、9番を打つ屈辱、1打席で交代される無念を味わいながら前年から続く悩みを解消するために阿部と共に打撃改造に踏み切り、成功した。

自分が一番上に居る横浜に居たままだったらこの変化は絶対になかった。
10年から不調が続いた2年間、全く変わろうとしなかったのがその証拠だ。

村田がこれだけの成長を遂げられたのは巨人の環境も大きいが、それ以上に本人が素晴らしい人間であった事。
悩み、苦しむ強い人間だからこそ境地に辿り着けた。

来年は間違いなく4番、頼りになる主軸打者。
セの日本人右打者で村田を上回る打者は一人も居ないだろう。

11月23日 シーズンシートオーナー感謝祭

去年に続き今年も行って来ました。
今回はファン感の前にやる という事で10時入場開始。土曜日の早起きは辛かったです。

DSCN0176.jpg

11時の開始までは宮本さんと槙原さんのトーク。
ズムサタみたいなふいんき(何故か)で進行。

DSCN0177.jpg

まず最初はランニングタッチ。
選手が全員とタッチしながら入場してきます。

DSCN0179.jpg

去年はラストの退場でタッチで当たった由伸と今年も当たりました。
縁を感じます。(自意識過剰)

DSCN0182.jpg

青木さん。他には山口、中井、笠原も。
笠原はホントにデカくてビックリしました。

DSCN0186.jpg

阿部キャプテンの挨拶。
去年と同じ件を使ってたね(笑)。

DSCN0187.jpg

次に始まるのはサイン会。
去年は長野と故 小野。今年は大田と矢野でした。
特に感想は無いです。(無常)


DSCN0193.jpg

去年と同じ様にブルペンに入りました。

DSCN0201.jpg

テレビ中継でブルペンを映すカメラ。

DSCN0198.jpg

歴代監督の色紙。堀内?なんのこったよ(すっとぼけ)。

DSCN0203.jpg

こんなの無かったような。

DSCN0204.jpg

ジャビット。チャピーは可愛いと思う。

DSCN0205.jpg

ネクストサークル。

DSCN0208.jpg

ゲームが始まりました。
去年はスタンドで観戦、今年はグラウンドで観戦。

DSCN0207.jpg

人工芝でも柔らかいよ。

DSCN0220.jpg

AHRA監督が挨拶。
無難な挨拶だったけど、やっぱり監督が来ると嬉しいね。

DSCN0223.jpg


ライト下から退場。混み過ぎィ!!!

DSCN0228.jpg


お土産はスカーフとネクタイ。去年は腕時計とマフラー。
こんなの着けて外に出れないんだよなぁ…。

DSCN0227.jpg

サインは大田と矢野。
大田の55は最後になっちゃったね。



最後に感想。
なんだかプレミア感がなくなっちゃったなぁ、と。
去年はファン感終了後だったからかなりゆっくりした進行だったけど、今回は急ぎ足だったなぁ。
しかも、12時くらいからファン感の人たちが入場してくるからグラウンドで晒し者みたいになっちゃうし。

シーズンシートの感謝祭なんだから、やっぱりファン感が終わった後で。他の人が居ない空間でやって欲しい。
来年もこの調子ならちょっと、ね…。

多分又行くけど順番は逆にして欲しい。それだけ。
プロフィール

ハイツ北村

Author:ハイツ北村
上原浩治と会いたい。
阿部慎之助と話をしたい。
道重さゆみと結婚したい。

どれも現実にしてみせます。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
アクセス数
リンク