阿部慎之助の終焉まで看取るブログ 2015年08月

2015年8月30日 阿部慎之助

1打席目 四球 8球(ボール,ファール,ボール,ボール,見逃し,ファール,ファール,ボール)
2打席目 中安 4球(見逃し,ボール,見逃し,中安打)
3打席目 空三 6球(見逃し,ボール,ボール,ボール,見逃し,空振り)
4打席目 一ゴ 3球(見逃し,ボール,一塁ゴロ)
5打席目 左二 2球(ファール,左二塁打) 1打点


2連勝で迎えた中日3連戦。2連敗を喫している若松と田口の対戦となった。

阿部は1打席目、ランナー2塁で迎えた。
1球ファールを挟み、1-3のカウントに持ち込む。そこから見逃し、ファール、自打球と粘りを見せ、最後は低めのチェンジアップを見極めた。
良い選球が出来ていたと思う。

2打席目は坂本をランナーに置いての打席。
見逃し2球で一気に不利なカウントになったが、センターへライナーを弾き返し、繋いだ。
点差があったが、ここから打線は繋がり、同点まで追いついた。

3打席目は1-3から見逃しでフルカウントにされる1打席目の様な展開。
今度は若松にチェンジアップを決められ、空振り三振に倒れた。

4打席目は山井との対戦。去年、一昨年くらいは得意にしていたイメージがあったが、今年は中々打てない。
ファーストにゴロを打ってしまい、凡退となった。

5打席目は坂本を1塁に置いて迎えた。1球ファールの後、2球目、外角の変化球を流し打った。

img_20150830175909571_3314280605014090463.jpg

しっかり下半身が残り、打球はレフトの頭を越えた。
2塁に到達した後は送球を見て、しっかり3塁まで走った。
足が悪いが、走塁はしっかり出来ている。体調も良くなっているのではないか。


今日の試合、書かないわけにはいかないので書くが、2回にマズい守備があった。
ベース横の緩いゴロを捕球出来ずツーベースにしてしまい、村田の送球も難しかったが弾いて失点に繋げてしまった。
ここのところ守備でのミスが無かったので、2つ重なるのは応えた。
これで田口は粘り切れず5失点。ミスを責められても何も言い返せない。

しかし、続く回では絶対に挽回しなければならない状況で落ち着いていたと思う。
センターへしっかりライナーを弾いたからヒットになった。強引に狙っていれば、そうはならなかっただろう。
ともかく、この試合は他の野手に感謝するしかない。

バッティングは再び足を上げだして、又上向きになって来たように見える。
チームも東京ドームに戻って3連勝と波に乗っている。
阪神が負けた事で、ついに1位から3位が1.0ゲーム差の大混戦になってきた。

次カードは地方でヤクルトとの2連戦。ここで勝ったチームが阪神への挑戦権を得る事になる。
マイコラスにまだメドが立たないが、巨人の打線は上向きつつある。
東京ドームだけで終わらず、地方でも良い試合を見せて欲しい。

阿部も、地方では良く打つ。今回も期待したい。

2015年8月29日 阿部慎之助

1打席目 四球 5球(ボール,ファール,ボール,ボール,ボール)
2打席目 空三 4球(ファール,ボール,見逃し,空振り)
3打席目 右本 2球(ボール,右本塁打) 12号 1打点
4打席目 空三 4球(ファール,ファール,ボール,空振り)


連敗を止め、巨人は大竹、中日は濱田の投げ合い。

巨人は初回からチャンスを作り、坂本のタイムリーで先制。
直後に阿部の打席が回って来た。
前日までは完全な摺り足だったが、この日は少し足を上げていた。
これもフォームの試行錯誤の結果だろう
濱田は立ち上がりからコントロールが安定せず、阿部に対しても全てボール球で四球。
長野、アンダーソンが倒れたが村田の押し出し四球に繋がった。

2打席目には濱田は立ち直り、2回以降は良い投球をしていた。
阿部も簡単に追い込まれてしまい、最後はボール球を振らされて三振。
これ以降も巨人打線は濱田に苦しめられた。

3打席目、お互い三者凡退が続き、巨人は2回以降無安打、中日も6回表にやっと1安打とお互い苦しんでいた。
何とかしたいという強い思いで打席に入ったと思う。
1ボールから高めに浮いた直球を振り抜いた

img_20150829195947802_2796406017692861940.jpg

実に4試合振りのヒットが貴重な追加点となるホームラン。
阿部のバットが試合の膠着を溶いた。
打つべきときに打つ。良い打撃だったと思う。

4打席目は岡田との対戦。前回はタイムリーを放ったが、今回は三振に抑えられてしまった。
しかし、何故中日は一番良いリリーフを3点ビハインドの試合で出してくるんだろう。


今日は初回に2点が入ってから試合が完全に止まってしまった。
その中で1点、ホームランで生み出したのは本当に良かったと思う。
監督も運を傾ける一打だったと語り、大竹も勇気を貰ったと話していた。
4番らしい打撃が久しぶりに出来たと思う。

次の先発は若松。前回、前々回と2度続けて負けている投手。
しかし、2戦目に阿部はヒットを打っている。イメージは出来ていると思う。

阪神と再び2ゲーム差まで迫った。
絶対に負けられない。いつも、毎日、負けられない試合が続く。
3戦目も阿部のバットで勝利へ導いて欲しい。

2015年8月28日 阿部慎之助

1打席目 空三 11球(ボール,ハーフスイング,ファール,ファール,ボール,ファール,ファール,ファール,ファール,ファール,空振り)
2打席目 四球 7球(ボール,ボール,ボール,見逃し,ファール,ファール,ボール)
3打席目 遊併 1球(遊撃併殺)
4打席目 一ゴ 3球(ボール,ファール,一塁ゴロ)


東京ドームに戻って絶対に負けられない試合を任されたのは高木、そしてネイラーとの対戦。

阿部の1打席目は2回の先頭で回って来た。
ハーフスイングとファールで追い込まれてしまうが、4球目のカーブを良く見て2-2。
その後もファールで粘り続け、特に8球目のカーブを粘ってファールに出来たのは良かったと思う。
しかし、最後は高めの直球に手が出てしまい三振。11球粘ったが、ヒットを打つ事は出来なかった。

2打席目、坂本がタイムリーを打った直後に1,2塁で迎えた。
3ボールから1球見逃し、続く球を打ち損じてファールを打ってしまう。
0-3から厳しい追い込まれ方をしてしまったが、ファールで粘り、最後はインコースを見逃して四球。
何とか後続に繋げた。

3打席目はランナー1塁。ピッチャーが変わり、初球から打ちにいった。
センター方向へ良い打球が転がったが、エルナンデスが飛びつきダブルプレー。
良い打球がヒットにならないのは辛い。

4打席目は大量点差が付いていたが、満塁で迎えた。
1ボールから2球目を打ちに行くが、後方へのファール。
続く3球目を強く引っ張ったが、ファースト正面のゴロ。
ここで交代してしまった。


試合には勝ったものの、阿部はヒットを打つ事が出来なかった。
解説の立浪氏が高めの球にバットが下から出ていると指摘していたが、その通りで高めの球が後方へのファールばかりだった。
今日は早出の特打ちを行ったらしいが、良い結果には結びついていないし、修正も出来ていない様に見える。

ここのところずっと4番で出場を続け、屋外球場も続いていた。
苦しい試合ばかりで体調も優れないと思う。だからフォームも少しずつ崩れていくし、調子も乗り切らない。

今日は先発野手で唯一の無安打に終わってしまった。
何とか満塁で繋ぎを見せたが、1打席目も打てる球はあったし、4打席目にもそういう球はあったように見える。

今日の内容を見ていると、左投手が先発する明日は先発を外されてしまうかもしれない。
しかし、もうとにかく結果が全ての時期に来ている。
ファンも苦しいが、阿部はもっと苦しい。何とか、結果を出して乗り越えて欲しい。

2015年8月27日 阿部慎之助

1打席目 四球 5球(ボール,ボール,ボール,見逃し,ボール)
2打席目 空三 6球(見逃し,ボール,ボール,ファール,ファール,空振り)
3打席目 一飛 3球(ボール,見逃し,一塁フライ)
4打席目 二ゴ 9球(ボール,見逃し,ボール,ボール,見逃し,ファール,ファール,ファール,二塁ゴロ)


プロ初先発の寺田とポレダの投げ合い。非常に辛い試合だった。

阿部の1打席目はランナーを1塁に置いて迎えた。全くストライクが入らない寺田に対し、1球も振らずに四球を選んだ。
唯一のストライクも非常に厳しいコースで打つべき球ではなかった。

2打席目はランナー無し。4球目の直球を打ち損じてしまい、追い込まれてしまった。直球を意識させられ、スローカーブで完全に崩されて三振。
明らかに意識に無いボールだったと思う。しかし、焦る気持ちで打ちに行ってしまった様に見えた。
打てない、焦る、非常に良くない。

3打席目は坂本がバントでランナーを送って2塁で迎えた。
ボールの後の2球目は判定が厳しかった。阿部はボールだと思い見送ったが、ストライク判定されてしまう。
こうなると、同じコースは振らなければいけない。3球目、同じコースの同じ球を打ち損じてしまい、ファーストフライ。
坂本を送ってまで作ったチャンスを決められなかった。

4打席目は坂本をランナーに置いて、左のリリーフ久古との対戦。
1-3の有利なカウントを作ったが、良いボールを投げられて2-3のフルカウント。
久古はインステップになって苦しい対戦だったが、ファールを打ち続け、甘い球を待ち続けた。
しかし、8球目もファールで粘った直後、坂本がまさかの牽制死。
チャンスが潰え2アウト。阿部もセカンドゴロに倒れてしまった。


何度も何度もチャンスがあった。寺田は5つアウトを取るのに4つも四球を出すなど明らかに1軍で投げるようなピッチングではなかった。
が、そのピッチャーから1点も取ることが出来ない。
屈辱でしかない。

取れないから回が進めばプレッシャーが掛かる。皆縮こまり、打てない。
チームとしては最悪な状態にある。今日は、どう考えても勝てる試合だった。勝たなければいけない試合だった。

ついに4位広島に1.5ゲーム差まで迫られた。
もう、ホームに戻っての3連戦で結果が出せなければ終戦と見られても仕方が無いだろう。

見ている側も心が折れそうな試合が続いている。
しかし、選手はもっと苦しい。決め切れなかった阿部は俺なんかより遥かに苦しんでいる。

ヤクルト戦、インコースをとにかく攻められた。しつこく、しつこく、嫌になるほどインコースを使われた。
巨人がここから浮上するには、阿部がインコースを打つしかない。
劣勢を跳ね返すことが出来るのは4番のバットしかない。
中日3連戦、東京ドーム、勝つしかない。

2015年8月26日 阿部慎之助

1打席目 空三 7球(ボール,見逃し,空振り,ボール,ファール,ファール,空振り)
2打席目 右飛 5球(空振り,ボール,ボール,見逃し,右飛)
3打席目 右飛 5球(ファール,ボール,ボール,見逃し,右飛)
4打席目 死球 1球(死球)


初戦を落とし、負けられない2戦目は菅野と小川の投げ合い。

1打席目、2アウトながらランナーを3塁に置いて阿部の打席が回って来た。
1球目から執拗にインコースを攻められ、実に5球目までキャッチャーの中村はインコースを構え続けていた。
6球目のファールも詰まらされ、バットを折られるなど苦しまされ、最後はボールに落ちるフォークを振らされてしまった。
絶好の得点機会を逃してしまった。

2打席目も再び2アウト、ランナーを3塁に置いた打席。
初球から積極的に振りにいくが、フォークに空振り。しかし、そこから2ボールとカウントを立て直すも、4球目を見逃し追い込まれてしまう。
最後の5球目は崩されながら打たされ、ライトの後方に運ぶフライ。
悪くは無い打撃だったと思うが、この場面は何よりも結果が求められる打席だった。
特に1打席目を決めきれなかった以上、どんなにカッコ悪くても、ヒットを打たなければいけなかった。

3打席目、点差を付けられた状態で回って来たが、集中力は良かったと思う。
3球目のフォークにしっかりバットが止まり、カウントを有利に進めたが、4球目は又もインコース攻めで見逃してしまう。
5球目の逆球を打ちに行ったが、バットの先に当ててしまいライトフライに倒れてしまった。

4打席目は小川の抜けた直球が右肩を直撃し、死球。
勢いの付いた球だったが、阿部は大丈夫と口にして一塁へ歩いた。
しかし、強烈な死球だったため、フォームが崩れないか心配である。


今日の試合は完全に打撃陣の責任だと思う。
1、2、3回と何れも得点のチャンスを作りながらホームを踏む事が出来なかった。
オーダーを変えて臨んだが、機能しない。
特に坂本、阿部は2度得点圏で打席に立ちながらランナーを返す事が出来なかった。
菅野は1点も渡せないプレッシャーの中、小川に押し出しの四球を与えてしまい、一気に崩れてしまった。
援護が1点でもあれば、違う展開になっていた。

打てない、だから井端のバントも読み切られる。何一つ良いところが無かった。

もう、ここまで来たらいきなり4番を代えるわけにもいかない。
阿部が背負うしかない。

明日はポレダとプロ初先発の寺田の投げ合い。
せめて一矢報いなければいけない。
金曜からはホームの東京ドームでの3連戦。
何としても、1勝、連敗をストップして東京ドームに戻りたい。

今日は阪神が負け、ゲーム差は変わらず3.0。しかし、負けたからこそ、巨人は勝たなければいけなかった。
明日、絶対に、ここだけは負けられない。
もう、阿部のバットで打って勝つしかない。何としても、何としても打って欲しい。ただ、それだけを願う。

2015年8月25日 阿部慎之助

1打席目 遊ゴ 6球(ファール,ファール,ボール,ファール,ボール,遊撃ゴロ)
2打席目 見三 5球(ボール,見逃し,ファール,ファール,見逃し)
3打席目 右本 4球(見逃し,見逃し,ボール,右本塁打) 11号 1打点
4打席目 四球 5球(見逃し,ボール,ボール,ボール,ボール)


神宮に移動し、3位ヤクルトとの対戦。得意石川相手に4番でのスタメン出場。

1打席目、初回に坂本を1塁に置いて打席に立った。
初球、2球と内角を攻められ、打ち損じてしまう。特に初球は自打球を当ててしまい、かなり痛そうだった。
苦しいカウントからの勝負だったが、ボール、ファールで粘り5球目の外角低めはしっかりと良く見極めていた。
しかし、勝負球を打たされてしまいショートゴロ。ただ、選球は悪くなかった。

2打席目もランナーを1塁に置いての打席。
ボール1つで追い込まれてしまう苦しい勝負だった。5球目、阿部が遠いと思って見逃したボールが判定はストライク。
阿部も抗議していたが、確かに外れていたように見えた。
ラジオ解説は外れていたように見えた、ボール1個高かったら打ってたよ、と。悔しい打席になってしまった。

3打席目は点差が広がり、益々厳しくなってしまった。
阿部も2球見逃しで簡単に追い込まれてしまい、難しい打席だった。
しかし、1球見逃した後の4球目、真ん中低めの変化球を振り抜いた。

img_20150825203001412_3020648821086644254.jpg

ライトスタンド中段まで届く特大のホームラン。風の中、良く飛んだ。
完全に劣勢の中、跳ね返すとまでは言わないが0で終わらせなかった。
余りにも悔しいホームランだったが、これが明日に繋がると信じたい。

4打席目は3点差に縮まり、クローザーバーネットとの対戦。
何度も抑えられてきたピッチャーだったが、際どい球を選球し、四球を選んだ。


今日のアプローチも悪くなかったと思う。しかし、打線全体が全く動けない。
中4日で投げている石川相手に初ヒットが6回、初得点が7回では遅すぎる。
先発の小山も良くなかったと思うが、それ以上に打線が良くない。

8回に繋ぎ、チャンスを作ったが1点しか入らない。
9回、阿部が先頭で出塁しながら長野が簡単に併殺を打ってしまう。
どうしても打線が繋がらない。

もう、残り試合は30試合を切っている。阪神とのゲーム差は3.0まで広がってしまった。
明日、阪神が引き分け以上、巨人が負けると自力優勝が消滅してしまう。
阪神3連勝が殆どチャラになってしまった。

しかし、もう考えている時間も試合数も無い。
とにかく、目の前の試合を獲るしかない。
明日は菅野と小川の投げ合い。
巨人が生き残るかどうか、明日の菅野と打線に全てが掛かっている。

もう後が無い。とにかく、阿部も打つしかない。打って、勝つしかない。

2015年8月23日 阿部慎之助

1打席目 空三 6球(ボール,空振り,ボール,ボール,見逃し,空振り)
2打席目 中犠 6球(空振り,見逃し,ボール,ボール,ファール,中犠飛) 1打点
3打席目 中安 2球(ボール,中安打)
4打席目 中安 6球(ボール,見逃し,ボール,見逃し,ファール,中安打)
5打席目 空三 4球(空振り,ボール,ファール,空振り)


1勝1敗で迎えた3戦目。黒田と田口との投げ合いになった。

1打席目、1,3塁のチャンスで早速打順が回って来た。
1-3の有利なカウントからの5球目。阿部が見逃したボールはストライクゾーンから外れていたように見えたが、判定はストライク。
その後フォークを落とされ、空振り三振。坂本が走ったのを見て振りに行ったのかもしれないが、決め切れなかった。

2打席目、再び2,3塁にランナーを置いて打席を迎えた。
初球の空振りから1打席目のリベンジをしようとかなり強気に振っていった。
2球目も見逃してしまい、2球で追い込まれてしまった。
しかし、そこからボール2球で粘り、勝負は5球目。
打ち損じ、ファールゾーンに打ち上げてしまったが、3塁の梵が落としてしまう。
救われた直後の1球を見逃さなかった。
センターへ強いライナーを放ったが、丸のファインプレーでセンターライナー。
が、ランナーは生還し同点犠飛となった。

3打席目は1ボールから2球目を手本の様なセンター返し。2試合振りのヒットを放った。

4打席目、坂本が四球で出塁し、ランナー1塁。前回タイムリーを放っている大瀬良との対戦。
1ボールからの2球目、内角要求が外に外れる失投になったが、手が出ず見逃してしまう。
2ボールからの4球目、この球も同じく内角要求が外に外れたが、再び手が出ない。
5球目をファールして逃げたが、厳しい追い込まれ方をしてしまった。
しかし、6球目、3打席目の様に再びセンター方向へヒットを放つ。
追い込まれながら4番として良い繋ぎを出来たと思う。

5打席目、満塁になってから坂本が打ち損じ、2死満塁で迎えた。
初球、抜けたスライダーを空振り、3球目のファールで追い込まれてしまう。
4球目、1打席目の様にフォークボールに空振り。最後の打者になってしまった。


何度もチャンスがあった。11安打し、四球と失策も含めると15出塁。しかし、阿部の犠飛の1得点しか出来なかった。
バント失敗、走塁ミス、何度も何度もミスを繰り返し、得点機会を失ってきた。
そして、最後の最後、満塁で4番の阿部に回って来た。
何もかもを救うことが出来る打席だった。
調子は上がっていると思う。
しかし、こういう場面で打って欲しかった。4番としてチームを救って欲しかった。

今日に関しては完全に采配ミスで負けている。
走塁ミスとバント失敗で亀井が目立ってしまったが、そもそもあんなギャンブル走塁をさせるほうがおかしいし、浮き足立つ相手を助けるバントなんて必要なかった。
不動なら勝てた試合だったと思う。
それだけに、全てをチャラにして結局勝ったから、と振り返りたかった。

阪神とのゲーム差は2.5に開いた。しかし、阿部は調子が上がっている。良い打撃が増えて来た。
今後、左投手でも関係無くスタメンで使って欲しい。
2.5ゲーム差はまだ、諦めるゲーム差ではない。9/8から再び甲子園で3連戦がある。
恐らく、ここでセリーグの優勝はほぼ決まるだろう。
この天王山へ向けて、どこまでゲーム差を詰められるか。
立岡を坂本と阿部で何回返す事が出来るか、勝負はそこに掛かっていると思う。

今日は、打って欲しかったが、犠飛と2安打、良い状態になっている。
神宮、東京ドームと移動の少ない試合が火曜日から始まる。
今度こそ、阿部のバットで勝利を導いて欲しい。

2015年8月22日 阿部慎之助

1打席目 一ゴ 3球(見逃し,ボール,一塁ゴロ)
2打席目 投ゴ 2球(見逃し,投手ゴロ)
3打席目 四球 5球(ボール,ボール,見逃し,ボール,ボール)


延長戦で粘り勝ち迎えた2戦目。高木と福井の投げ合い。

阿部は1打席目、2打席目共に同じ様な打ち取られ方をしてしまった。
どちらもカット系の球を引っ掛けて、内野ゴロ。特に2打席目は余りのキレに驚いていたように見えた。
簡単にアウトになっていたが、解説は練習中は凄く良いと話していたし、報知には修正の話も載っていたので期待して見ていた。

3打席目、それまでの打席のリベンジをするべく先頭の打席に立った。
2ボールからの3球目、インコースのそれ程厳しくない球を少し仰け反る様に避けたのが印象的だった。
恐らく外角球を狙っていたのだと思う。それで近くに来た球に反応し過ぎてしまったのではないか。
それを察したのか、バッテリーはインコース攻めに切り替えたがストライクが入らない。
1度もバットを振る事無く四球を選び、出塁。ここで代走が送られ、交代となった。


ファン目線で見ても、良い形で打っている様に見える。
阿部個人としては何も問題が無い。この調子で4番を打ち続けて欲しい。
ただ、阪神が勝ち、負けられない試合を落としてしまった。
再びゲーム差が1.5に開き、明日は黒田と田口の投げ合い。非常に厳しい勝負になる。
立岡が一人気を吐いている。阿部が、彼を返す役割を担って欲しい。

黒田には前回抑え込まれ、最後の打席にリベンジを決めた。
打ち方の良いイメージは残っていると思う。
最低でも勝ち越しは決めなければならない。
優勝戦線から離脱するわけにはいかない。
明日も4番、阿部のバットで次こそは勝利をもぎ取って欲しい。

2015年8月21日 阿部慎之助

1打席目 右本 2球(ボール,右本塁打) 10号 2打点
2打席目 中飛 8球(見逃し,ボール,ファール,ボール,ボール,ファール,ファール,中飛)
3打席目 四球 5球(ボール,ボール,ボール,見逃し,ボール)
4打席目 中二 7球(見逃し,ボール,ファール,ボール,ボール,ファール,中二塁打) 1打点
5打席目 四球 4球(ボール,ボール,ボール,ボール)


3連勝で広島に乗り込み、初戦は前田とポレダの対戦。

阿部は初回、ランナーを2塁に置いて打席を迎えた。
初球を見逃し、2球目。真ん中寄りの直球を鋭く振り抜いた。

img_20150821182519403_81387232761851307.jpg

少し詰まり気味だったと本人は口にしていたが、しっかり振り切り、良い弾道で入っていった。
実に3週間振りの10号本塁打は先制のツーランになった。
昨日当たりから再び摺り足気味の打法に戻し、少し不安もあったが、これで3打席連続安打。
プロにしか見えないものがあるんだと改めて感じさせられる。

2打席目は2アウトランナー無し。2-1のカウントまで簡単に追い込まれてしまったが、すぐには倒れなかった。
ボールを2球選球し、フルカウントに持ち込む。そこからファールで2球逃げ、8球目の掃った打球がセンターフライ。
合わせただけのスイングに見えたが、センター後方まで飛んでいた。
摺り足だが、しっかり力が伝わっている。

3打席目はビハインドで迎えた。ボール3球が続き、1球見逃し。5球目の内角球をしっかり選び四球を選んだ。
非常に調子が良い様に見えた。本当にバッティングは目に見えない感覚を掴む作業だと思う。
僕が見えない所で阿部は何かを掴んでいる。

4打席目は簡単に2アウトにされたが、タイムリーエラー、3打数無安打と不調の坂本が意地の二塁打を打った直後に迎えた。
1点ビハインドで大瀬良という厳しい場面、4番として打たなければいけない場面だった。
初球、見逃し方を見ると狙っていた様な気がしたが手が出ない。1球ボールの後にファールを打ち、2-1のカウントを作られてしまう。
しかし、2打席目の様な粘りを見せた。2球ボールを選び、フルカウント。6球目の内角低めの厳しい球をファールで逃げ、勝負は7球目。
恐らくボールであろう低い直球を踏み込んで、振り抜いた。

img_20150821210849836_4394855695654992381.jpg

雨の中、状況も何もかもが厳しかった。しかし、それを跳ね返すタイムリーツーベース。
坂本は何とかしたかったと思う。その気持ちを汲み取る事が出来た。
4番らしい、素晴らしい打撃だった。
こういう打撃が見たかった。先制打を放ち、同点打を放つ。2つのチャンスを決める。完璧な打撃が出来ていた。

5打席目は雨の中断を経て、突入した延長で迎えた。
2球ボールが続いたところでピッチャーのヒースが砂の入れ替えを要求したが、結局ストライクは入らずストレートの四球。
これでこの日は4出塁となり、代走の吉川に交代した。


0時を過ぎる厳しいゲームだった。ベンチの投手の枚数も少なく、雨天中止がちらつく巨人に厳しい展開の中で全員が良く粘っていたと思う。
そして、この状況に持ち込んだのが4番阿部のバットだった。
先制打、同点打。原監督を越える連続二桁本塁打も嬉しいが、こういう展開で後に響いた事が何より嬉しい。

阪神にしがみ付くため、何としても勝たなければならない試合だった。
巨人に不利な要素が幾つもあった中で跳ね返した。

4番阿部が形になり、チームにパワーが生まれ始めている。
打線が繋がる、この調子が続けば最後まで固定出来る。

日を跨ぐ厳しい試合だった。当然疲れは残っていると思う。雨の中コンディションも悪く、体に残る疲労は凄まじい。
しかし、この流れを切って欲しくない。
何としても、連勝を続けて欲しい。
再び、阿部のバットで勝利を導いて欲しい。


しかし、今日は何より言いたい事が一つ。
この試合をリアルタイムで見れなかったのが悔し過ぎる。
何故、録画放送しかないのか。信じられない。
今後こういう事が無い様に願う。

2015年8月20日 阿部慎之助

1打席目 見三 5球(ボール,ボール,ファール,ファール,見逃し)
2打席目 左飛 3球(ボール,ファール,左飛)
3打席目 左安 3球(見逃し,ボール,左安打)
4打席目 右安 1球(右安打)


3タテを掛けた1戦は菅野と藤浪の投げ合い。阿部は3戦全て4番での出場となった。

1打席目、四球で出た立岡を片岡、坂本が進めて3塁の状態で迎えた。
ボールが2球続き、かなり打ちやすいカウントになってから、2球ファールを打ってしまう。
特に4球目のカットは高めに浮いた打ちやすそうな球だったが、フェアゾーンに飛ばない。
5球目はインコース、完璧なところに156キロの直球を投げ込まれ、バットが出なかった。

2打席目もランナーを2塁に置いたチャンス。この打席も2球目にカットを打ち損じてしまう。
続く球も崩されたままボールの下を叩いてしまい、レフトフライ。
中々藤浪に対して結果が残せない。

3打席目は1アウトから迎えた打席。カーブを見逃し、フォークを見極めた後の3球目、ボール球の変化球を払った。
決して強い打球ではなかったが、レフト前に落ちるヒット。
2打席は崩されっぱなしだったが、何とか意地を見せた。

4打席目は四球の坂本を1塁に置いた打席。
勝負は初球、外角の直球に絞り、振り抜いた。
強烈なライナーがライト前に落ち、ヒット。坂本が好走塁を見せて3塁に到達し、チャンスを演出した。
ここが勝負どころと見た監督が代走鈴木を送り、ここで交代となった。


以前は崩れてしまうとそのまま4打席、というのが多かったが3打席目以降形を作る事が出来た。
簡単に倒れないのは4番らしい姿になってきたかなと思う。

今日の勝利で3.5あったゲーム差は0.5まで詰まった。絶対に勝ちたい3連戦で3連勝出来る。まだまだペナントは分からなくなった。
しかし、この3連勝で安心するわけにはいかない。広島に飛んで3連戦。神宮、ドームの6連戦を終えると巨人は2週間東京ドームに戻って来る事が出来なくなる。
体力的に厳しくなる9月上旬を乗り切るために、何とか勝ちを積んで置きたい。

この3連戦、4番として最低限の働きは出来たと思う。
しかし、まだまだ、もっと、活躍出来る。
次は広島前田との対戦になる。気を緩める事は出来ない。
阿部のバットで、阪神に迫り、追い越して欲しい。

2015年8月19日 阿部慎之助

1打席目 左飛 7球(ファール,ボール,ボール,見逃し,ボール,ファール,左飛)
2打席目 中飛 3球(ボール,ハーフスイング,中飛)
3打席目 四球 6球(見逃し,ボール,ファール,ボール,ボール,ボール)
4打席目 中二 4球(見逃し,ボール,空振り,中二塁打)


勝ち越しを決めたい2戦目。内海対能見の投げ合い。左投手相手だったが、阿部は4番で出場した。

1打席目、2回の先頭で打席を迎えた。4球目の見逃しは打ちたい球だったが、手が出なかった。
これで追い込まれてしまったが、それでもフルカウントまで粘る。が、最後は打たされてしまいレフトフライ。
かなり泳がされてしまった。

2打席目、2アウトで迎えた打席。3点負けていてノーヒットの状態の打線を何とかしたかったと思う。
2球目、外角のボール球に手が出てしまい、ハーフスイングの判定を取られる。
3球目を打ち損じてしまい、センターフライ。中々、上手くいかない。

3打席目は長野からの打線が繋がり、逆転した状態で迎えた。
タイムリーを打った坂本を2塁に置き、スタメン野手で唯一ノーヒットになってしまった。
かなり打ちたい欲はあったと思うが、2-1からボールを3球見極めしっかり四球を選んだ。
強引になり過ぎない、打ちたいはずなのに我慢が出来るのは良い。

4打席目は先頭。見逃しと空振りで簡単に追い込まれてしまったが、4球目を強く引っ張り、フェンス直撃のツーベース。
これで先発野手全員安打。もちろんそんな事を意識して打席に立っていたわけでは無いだろうが、代走を出されて交代してからホッとはしたと思う。


3点差で内海があっという間に降板し、ノーヒットの状態が続いていた。
そこから12点を返して逆転した。昨日の大勝に続いてチームとして良い勝ち方をしていると思う。

阿部も目立っては居ないが、四球3つ、四球1つとヒット1つ。特にツーベースは点差こそ付いていたが、いい打撃だったと思う。

チームが勝っているうちは目立たなくて良い。負けそうになったときに、活躍してくれれば良い。
明日は菅野と藤浪の投げ合い。阿部は今年藤浪との相性が良い。
右打者は打ち難いクロスステップのピッチャー。4番として、是非打って、菅野に勝ちをつけてあげて欲しい。

3.5あったゲーム差が1.5まで詰まった。阿部のバットで0.5ゲーム差まで導いて欲しい。

2015年8月18日 阿部慎之助

1打席目 右飛 5球(ボール,見逃し,空振り,ボール,右飛)
2打席目 四球 8球(見逃し,ボール,空振り,ボール,ボール,ファール,ファール,ボール)
3打席目 四球 5球(ファール,ボール,ボール,ボール,ボール) 1打点
4打席目 四球 5球(空振り,ボール,ボール,ボール,ボール)
5打席目 一ゴ 8球(ボール,見逃し,見逃し,ファール,ボール,ファール,ボール,一塁ゴロ)


3.5ゲーム差に離され、絶対に負けられない阪神3連戦。
巨人はマイコラスを立て、阪神はメッセンジャー。互いにエース級を初戦に立てた。

阿部の1打席目は先制した直後、ランナーを1塁に置いて迎えた。
2-2からの5球目、落ちるボールを払い、ライトへ引っ張った。
かなり崩された状態で打たされたが、フェンスの手前まで打球が飛んだ。
結果としては凡退に終わってしまったが、悪い打撃ではなかったと思う。

2打席目は1アウトで再びランナー1塁。
インコースの厳しい球でストライクを奪われ、1球見逃した後にインコースのスライダーに空振りして追い込まれてしまう。
しかし、ここから我慢強く粘った。
状態が悪ければ突っ込んでいたようなカーブを2球投げられたが、しっかり見極めてフルカウントに持ち直す。
そこからインローのストレートをファールで逃げ、高めの際どいコースに来たスライダーも払った。
勝負の8球目はメッセンジャーが根負けし、四球。
結果、長野の四球、そして村田のタイムリーに繋がる良い繋ぎになった。

3打席目は満塁で迎えた。既に4-0でマイコラスは完全試合中。セーフティリードを確実なモノにしたい打席。
初球のファールはフォークを引っ掛けてしまったが、速いカウントから手が出る。
2球目、同じフォークが更に低く来たが、今度はしっかりバットが止まった。外角のスライダーにも反応しない。
2打席目の様な誘いのカーブが来たが、出しかけたバットを止め、最後もフォークを見逃して四球を捥ぎ取った。
この打席は、結局阪神バッテリーに1球も直球を投げさせなかった。
ここで打たれたら終わりだと、阪神バッテリーも意識していたのだろう。
しかし、それでも四球を奪った。これでメッセンジャーはノックアウト。価値ある四球だった。

4打席目もランナーを1塁に置いた打席。
初球、真ん中付近のボールを空振りするが、それ以降は打てる球が全く来ない。
全てを見極めて結局5球で四球を選んだ。

5打席目、この打席もランナー1塁。今度は苦手高宮との対戦。
2球目のシュートが効いた。結局、この打席で内角に来たのはあの1球だけだったが、その1球を阿部は意識していた様に見えた。
簡単に追い込まれてからも片手でファールしながら逃げた。
そして8球目、強い打球を放ったが、上がらない。ファーストが1度弾くが、結局アウトになってしまった。
高宮に意識させるような強いライナーを放ったが、明日以降に生きるヒットなら最高の形だった。
そこまで言うのは贅沢過ぎるか。


打線が爆発。マイコラスも完璧に近い投球を披露し、久しぶりの完勝となった。
阿部もヒットこそ放てなかったものの良い当たりが2打席、他3打席は全て四球を選び、打点も上げる事が出来た。
これで4番で出場し始めた試合で全て打点を上げている。良い活躍が出来ていると思う。

今日は右投手メッセンジャーだったが、村田が先発出場し、活躍を見せた。
明日は内海と能見の投げ合い。内海は能見との対戦で1度も勝ち星が付いていない。
今度は、左投手に阿部がやり返す番。

何としてもスタメンで出たい。そして、悔しさを晴らして欲しい。

前回の内海はホッとはしたはずだが、悔しい、喜べない勝利だったと思う。
今度は完璧な勝利を、阿部のバットでプレゼントしてあげて欲しい。
何とか、スタメンで出て欲しい。そして、打って欲しい。
俺は、能見を打つ阿部の姿を信じている。

2015年8月16日 阿部慎之助

1打席目 中安 3球(見逃し,ボール,中安打)
2打席目 遊直 2球(見逃し,遊撃ライナー)
3打席目 空三 7球(見逃し,ボール,ボール,ボール,見逃し,ファール,空振り)
4打席目 右安 6球(ファール,ファール,ボール,ボール,ボール,右安打) 1打点
5打席目 投ゴ 4球(ボール,ボール,見逃し,投手ゴロ)


前日は嫌な形で負けてしまい、前回完封されている若松との対戦。
阿部も前回やられているだけに、リベンジを掛けて臨んだ。

1打席目、見逃し、ボールの後の3球目。外角のチェンジアップを上手く我慢してセンター前に運んだ。
前回意識させられたチェンジアップを上手く狙い打ち。
先頭の阿部が出た事で打線が繋がり、先制のホームを踏む事が出来た。
やはり、毎回得点は阿部から始まっている。

2打席目はランナー1塁で迎えた打席。初球見逃しの後、今度は直球を叩いた。
強烈なライナーになったが、ショートがセカンドに寄っていたため、抜けずにライナーアウト。
守備でヒットを阻まれてしまうと本当に悔しい。

3打席目はランナーを2塁に置いたチャンス。
1-3と絶好のカウントにしてから真ん中付近の変化球を見逃してフルカウントに持ち込まれてしまう。
1球ファールで粘るが、最後はいいコースに変化球を落とされて三振。
決め切れない。

4打席目は2点ビハインドになって迎えた打席。ランナーを1塁に置いて、ピッチャーが左の岡田にスイッチ。
初球の直球を振りに行ったが、バットの上に擦り、ファールチップ。かなり球威があるのだろう。
2球目もファールで簡単に追い込まれてしまった。
が、そこから1球ボールを見極め、4球目、外角に逃げていくスライダーを投げた所で坂本が走った。
これが決まり、ランナーが2塁に進む大チャンス。
もう1球を見極め、再びフルカウントに持ち込み、勝負の6球目、内角直球を思い切り引っ張った。

img_20150816165921163_1169076490648746984.jpg

東京ドームならホームランかという大きな当たりはフェンス直撃。坂本が一気にホームに向かい、1点差に追い上げるタイムリーになった。
今シーズンは防御率1点台。前回も抑え込まれた岡田に対してリベンジ。
それに加えて、いい投手、それも左投手のインコース直球をしっかり打つ事が出来た。
今シーズンはここが打てず、苦労していた。それだけに、1点以上に阿部にとって大きな一打になった。

5打席目は最終回、1,2塁で迎えたチャンス。2ボールにし、1球見逃してから外角の球を打ちに行ったが、完全に詰まらされてショートゴロ。
2日連続で最後の打者になってしまった。


今日はセンター前ヒットもショートライナーもタイムリーも良い形で打っていた。
左投手から打った1打点は大きな価値があると思う。

最終回、大きな走塁ミスがあった。
これで2アウトになってしまい、阿部もアウトになれない大きな制約を受けて打席に立つ事になった。
かなり場面が代わり、動揺もあっただろう。
先制のホームを踏み、2点目を叩きだした阿部に言う言葉では無いだろうが、打って欲しかった。
毎日頑張っている立岡のミスをフォローしてあげたかった。

しかし、スタメンで出た試合では4試合連続タイムリーが出ている。
全てがいい場面、今日は良い当たりも多く、徐々に調子が上がっているように見える。

が、チームは首位阪神と3.5ゲーム差。火曜日から始まる3連戦に全て勝っても追いつけなくなった。

火曜日からの首位攻防は1つも負けられない。又、左投手相手にスタメンを外されてしまうかもしれない。
しかし、それでも出来る事はある。どんな形でもチームの勝利に貢献して欲しい。

2015年8月15日 阿部慎之助

1打席目 二併 1球(二塁併殺)
2打席目 二ゴ 7球(見逃し,ボール,ファール,ボール,ファール,ファール,二塁ゴロ)


左の先発浜田に対してベンチスタート。後半での出番を期待していたが、6回満塁のチャンスで村田への代打で出場が巡ってきた。

0-0で先制のチャンス。絶対に決めたい場面だった。
ピッチャーも山井に代わっていた。代わり際、外角の初球を叩いた。
打球が二塁へ転がり、併殺打。これで代打出場では3打席連続の併殺打になってしまった。

とにかく、決めたいという必死の気持ちが伝わってきた。後悔したくないから引っ張りに行くんだと思う。
フライなら良かった。しかし、打球が上がらない。

直後に3点を失い、この打撃で負けてしまったと言われても仕方が無い。

見ていて悔し過ぎる。スタメンを外されるのも悔しいし、何より代打で結果を残せないのが悔しい。
途中出場に慣れていないとか、体調とか、それまでにもチャンスを逃しているとか、色々と言いたい事はある。
しかし、何を言っても空しいし、言い訳にしかならない。結果を求めて起用され、応えなければいけなかった。

辛い。本当にその一言に尽きる。見ていて胸が詰まる様な打席ばかりで苦しい。
批判を見ても反論する事が出来ない。

しかし、まだシーズンは終わっていない。まだチャンスがある。挽回していかなければいけない。
チャンスはあるが、少ない。明日は前回完封された若松。
もう、技術や体調では無い。そんなことは言い訳に出来ない。気力で乗り越えて欲しい。

俺は阿部を信じる事しか出来ない。それだけは辞めない。

2015年8月14日 阿部慎之助

1打席目 左安 3球(ファール,見逃し,左安打) 1打点
2打席目 見三 4球(見逃し,ボール,ファール,見逃し)
3打席目 空三 4球(ファール,ボール,ファール,空振り)
4打席目 三邪 4球(空振り,見逃し,ボール,三塁邪飛)
5打席目 死球 1球(死球)


名古屋に移動しての初戦。嫌な負け方をした次の試合だけに何としても獲りたい試合。先発はポレダとネイラー。

阿部の1打席目は二塁打で出塁した吉川を置いて迎えた。
初球ファール、2球目を見逃してあっという間に追い込まれてしまったが、変化球を粘ってレフトへ弾き返した。

img_20150814181230832_4853568357059487852.jpg

前日は引っ張って併殺を打ってしまったが、強引にならず逆方向へタイムリーを放つ事が出来た。
これが先制タイムリー、4番に入ってからは3試合連続タイムリー。4番らしい、良い打撃が出来ている。

2打席目は1-1から放った打球が天井に直撃し、ファール。ここまで上がるのは鋭いスイングが出来ているという事だと思う。
しかし、続くボールが外角の完璧なコースに入り見逃し三振に倒れてしまった。

3打席目は再びランナーを得点圏に置いたチャンス。
しかし、2球を打ち損じた後に空振り三振に倒れてしまった。
ネイラーからはタイムリーとホームランを打ったが、他の打席は全て三振。良く分からない。

4打席目は左の岡田との対戦。
初球から狙いにいったが空振り。続く球を見逃して追い込まれてしまう。1球見逃した後に打ちにいったが、しっかりミートする事が出来ず三塁ファールフライに倒れてしまった。
左投手で外されてしまうため、ここで打っておきたかったが……。

5打席目も左腕の高橋との対戦。打って欲しいと思ったが、初球で肘に当たる死球。
前の打者の坂本が2点タイムリーを打っていたため、故意と受け取られても仕方無い様な死球だった。
阿部もかなり怒っていたし、警告試合だった。相手ピッチャーはやってはいけないプレーだったと思う。
上手く肘当てに当てて逃げたが、どうなるか。少し不安ではある。


今日は守備で1つミスがあった。体を伸ばしきれず、吉川の送球をワンバウンドで掴みに行ったが逸らしてしまった。
記録は吉川のエラーだったし、吉川の送球も良くなかったが、阿部の尊敬するスンヨプの様にいつか捕れるようになったら良いと思う。

今日は先制タイムリーになり、勝利打点も記録出来た。
4番として良い打撃が出来たと思う。しかし、それだけに2~4打席、どれかヒットだったら…と思ってしまう。
明日の先発は左の浜田。又村田になってしまうのではないかという不安がある。
村田は全く結果が出ていないが、原監督の考えなのでそこは分からない。

4番で出て、結果を残す事だけを祈っている。

2015年8月13日 阿部慎之助

1打席目 一併 4球(ボール,見逃し,ボール,一塁併殺)


4番でタイムリーを打っていたが、ベンチスタート。9回ランナー1塁で代打での出場になった。

1塁に鈴木を置いての打席、盗塁するまでは外角攻めが続くだろうと思っていた。
DeNAバッテリーが盗塁を警戒し外角攻めが続く中、1-2からの4球目を引っ掛けてしまった。

打球自体はそこまで悪くなかったが、結果は最悪の併殺打。
前回の代打も同じ結果に終わってしまっただけに、悔しさしか残らない。

それまでの試合展開に言いたい事はあるが、何を言っても阿部が救われる訳では無い。
ただ、9回、打たなければならない場面で出てきた。結果を残さなければならなかった。

オーダーに付いても色々書きたいことはあるが、この結果を受けて書いても意味が無い。

明日は中日の先発がネイラー。前回ホームランを打っている相手。
広い名古屋ドームではあるが、言い訳は出来ない。

もう40試合を切っている。結果が欲しい。打って欲しい。

2015年8月12日 阿部慎之助

1打席目 三ゴ 7球(見逃し,ファール,ファール,ボール,ファール,ファール,三塁ゴロ)
2打席目 右安 6球(空振り,ボール,空振り,ファール,ボール,右安打) 1打点
3打席目 左飛 2球(見逃し,左飛)
4打席目 敬遠 4球(ボール,ボール,ボール,ボール)


前日のタイムリー、長野の不調により1ヶ月振りに4番に入った。先発は内海、三浦の投げ合い。

1打席目、昨日の反省か徹底的にインコースを攻められた。2球で追い込まれた後、3球目のファールは上手く逃げていたと思う。
そこからボールを経てファール2球で粘るが、7球目を打ってサードゴロ。
ただ、やはり簡単に三振しなくなっているのが良い。

2打席目、1点ビハインドから立岡、片岡、坂本が繋いでくれた1,3塁のチャンス。
初球に意識させられていたインコースのスライダーを空振りし、1球ボールを挟んで今度は外角球も空振り。
1球ファールで打ち損じ、ボールを挟んで6球目。外角に逸れた逆球に食らい付いた。

img_20150812193859463_6178271702737319426.jpg

4番で初めて迎えたチャンス。崩されながらも、外角球をライナーでライト前に引っ張った。
厳しい攻めをされ、4番としてプレッシャーも感じる中で良く弾き返してくれたと思う。
ビハインドでは中々打てなかったが、同点タイムリーは見事。流石4番といえる。

3打席目は初球見逃しの後に外角高めの球を流し打った。
が、ライト正面のフライに終わってしまった。1打席目同様、意識させられているボールが効いているのかなと不安になる。

4打席目は1,3塁で迎えたチャンス。初球のボールでランナーが走ったため、そのまま敬遠されてしまった。
立たない敬遠は何度かあったが、記録上の敬遠は今シーズン初となった。


まさかとは思ったが、4番に復帰。その中でビハインドで迎えたチャンスを決めた。
かなり崩され、決して綺麗だとはいえなかったかもしれないが、結果さえ残せればもはや何でも良い。
事実、阿部の同点打から長野の勝ち越し打が生まれ、堂上の満塁弾に繋がった。
何度も言っている事だが、やはり阿部が打てば皆が打つ。
長野が打てないなら、阿部が4番に入るしかない。
もう、今シーズンも阿部が打って勝つしかない。

決して良い形とは言えないが、それでも内海に勝ち星が付いた。
4番阿部にもタイムリーが出た。連敗を止め、再び連勝が始まった。

中々結果が続かなかったが、ここに来て2試合連続でタイムリーが出た。
これを続けていかなければいけない。
4番として、より厳しい攻めをされる事になるだろう。
それを跳ね返していかなければいけない。

4番の厳しいプレッシャーも、厳しい内角攻めも、全て跳ね返して欲しい。
阿部には、そのパワーがあると信じている。

2015年8月11日 阿部慎之助

1打席目 四球 7球(ボール,見逃し,ボール,ボール,空振り,ファール,ボール)
2打席目 中安 7球(見逃し,見逃し,ファール,ボール,ボール,ボール,中安打) 2打点
3打席目 左安 5球(見逃し,ファール,ファール,ファール,左安打)
4打席目 一邪 7球(見逃し,ファール,ファール,ボール,ファール,ボール,一塁邪飛)


月曜に休日返上練習を挟み、再び東京ドームでの3連戦。
今年何度目か、苦手久保との対戦となった。

1打席目、1,3塁のチャンス。4球で1-3へ持ち込んだが、体が大きく動いていて見ていてヒヤヒヤしてしまう。
外角を思い切って振るが、空振り。ファールで逃げた後、内角球を見逃して四球。
ただ、あのインコースが入っていたら、どうだったかなと考えるとギリギリの四球だったと思う。

2打席目、再び2,3塁で迎えたチャンス。1球目の判定が正直かなり厳しく、2球目の緩い球も狙いを外され、2球で追い込まれてしまった。
しかし、落ちるフォークをファールで粘り、ボール2球を見極め2-2から外角球を粘って弾き返した。

img_20150811191558530_3401995965844141342.jpg

下半身で粘り、弾き返した打球はセンター前に。
ランナー2人が返る先制タイムリー。打てない、苦しい中で久しぶりにヒットが出た。
同点やビハインドで中々打てなかったが、先制タイムリー。本当に嬉しいヒットになった。
塁上で何度も手を叩く阿部の姿を見ると、やはり1番苦しんでいたのは阿部だったのだと改めて感じた。
結果が出たのを誰よりも喜んでいるのは阿部自身だろう。
今後も続くよう願う。

3打席目、この打席も初球を見逃すが、2球目を振り抜く。ライトへ逸れていくが、大きなファールになった。
これでバッテリーは内角を攻め難くなった。落ちるフォークをファールし、続く球も粘る。3球ファールを続けた後に臆すことなく5球目も振りに行った。
レフト前、逆方向にライナー性の強いヒットになった。
マルチ安打も久しぶり。練習の手応えを感じたのではないか。

4打席目、1塁に代走の鈴木を置いた打席だったが、この打席も2球で追い込まれてしまった。
ただ、3,5球目のファールは下半身がしっかり残り、粘れていた。結果的に一塁邪飛に倒れてしまったが、内容のある打席だったと思う。


今日は久しぶりにお立ち台に立ち、最高です。も聞く事が出来た。
調子の悪かった先週とは違い、追い込まれても簡単に三振する事が無くなった。
球が遅い久保だったからかなと感じていたけど、4打席目の三上の球もしっかり粘っていた。
今後浮上していくような兆しを感じる4打席だった。

長野が打てない中、上手くフォローをする形が出来ていた。
やはり、阿部が打つと勝てる。誰かが打たないなら阿部が打たなければならない。

恐らく、今後の課題はインコースになってくるだろう。
今日も何度も中継で話していたが、インコースが中々打てない。
ただ、昨日の練習では体の開きを修正したという。
内角を攻められる中で、自然と崩れていたフォームの修正。
よって、今後はいかにインコースを捌けるか、そこになるだろう。

明日は通算でも得意としている三浦との対戦になる。
感覚を掴むには絶好の相手といえる。
何とか、続けて欲しい。阿部が打って、勝利へ導いて欲しい。

2015年8月9日 阿部慎之助

1打席目 二直 1球(二塁ライナー)
2打席目 空三 5球(ボール,ボール,見逃し,見逃し,空振り)
3打席目 四球 4球(ボール,ボール,ボール,ボール)


4連敗阻止へ臨んだ広島3連戦最終戦は田口対福井の投げ合いになった。

阿部の1打席目、昨日は中途半端になってしまった反省か、初球から手を出した。
詰まり気味だったが、ライナー性のいい当たりを放ったものの、セカンド菊池がここしかないという場所へダイビングキャッチ。
不調だといい打球がアウトになってしまう。厳しい。

2打席目、0-2の有利なカウントを作るが、見逃し2球はタイミングが合わず、5球目に真ん中付近のフォークを空振り三振。
阿部としては球種とゾーンを広げていたはずだが、それでも当たらない。
ランナーが1塁に居たが、長野、阿部で進める事が出来ない。

3打席目、同点での先頭打者。相手投手福井にとっても正念場だったが、1球も振る事無く四球を選んだ。
同点になった直後の先頭出塁、この四球は状況としては大きい出塁だったと思う。
監督もここが勝負どころだと動き、阿部に代走が出て交代。3打席で出番は終わってしまった。


相対的に見れば、チーム全体が出塁すら出来ない中でいい場面で塁に出たと思う。
1打席目のライナーも悪くなかった。
しかし、今は切っ掛けが欲しい。どんな形でもいい。安打、本塁打が欲しい。

恐らくチームによって阿部の攻め方が全く違うのだろう。
だから、調子が長続きしない。ホームとビジターで極端に成績が変わってしまう。
こんなときに橋上コーチが居てくれたらな、と思ってしまう。

アンダーソンをずっと上げろと言われ続けていたが、この2連戦でそんな声も消えてしまった。
ファースト村田固定の声もどこかへ行ってしまった。
結局のところ、もう阿部が一塁で出るしかない。

守備では良い所が出てきている。坂本の難しいワンバウンドをアウトにしたシーンは素晴らしかった。
毎日の鍛錬が形として出ている。見ていて、これほど嬉しい事は無い。


練習中に明るく振舞おうとする阿部を見ていると、時々辛くなる。
何故、笑顔を作れるのかなと。一体どういう心境で球場に来て、練習をし、プレーしているのか。

ファンは世界一身勝手な生き物である。
僕が見るのをやめるのは自由である。
明日から突然坂本を応援し始めてもいい。それが精神的にも良いだろうし、事実巨人ファンはそうしている。
だけど、僕はもう阿部がどうしようも無く好きで仕方が無い。

時々、阿部が野球を辞めてしまったらどうするのかな、と考える。
僕は野球を見るのを辞めてしまうような気がする。
僕にとっての野球は阿部慎之助個人であり、巨人軍ではない。
阿部のお陰で僕は野球を見る事が出来ている、とも言える。

僕は今まで沢山、良い思いをさせて貰った。阿部が打ち、気持ち良く現実に向かう事が出来る。
そんな事が何年続いただろうか と考えると果てし無い時間を阿部に恵んで貰ったんだと思う。
今は辛い日々が続いているが、この期間も今しか味わえない貴重なモノだと思う。

多分、僕は人生で2度とここまで入れ込む事は無いと思う。
野球に限らず物事全てにおいてそうだと思う。
だから、身勝手ながらこの時間を阿部と共有したいと思う。

俺は、阿部を見ている時間を無駄に消化したくは無い。
一挙手一投足を目に焼きつけたい。
そして、阿部の真に迫りたい。

辛いから見ないというのは楽な事である。
応援しない、アンチになるのも楽だ。
勝手に責任を押し付けてしまえばそれで精神を安定させる事が出来る。
だから、俺はどんな事になっても阿部の応援をやめない。

2015年8月8日 阿部慎之助

1打席目 一ゴ 2球(空振り,一ゴロ)
2打席目 空三 5球(ファール,ボール,ボール,見逃し,空振り)
3打席目 中安 5球(ボール,ボール,ファール,ファール,中安打)
4打席目 二ゴ 4球(ボール,ボール,ボール,二塁ゴロ)


対広島2戦目は高木と前田の投げ合い。

阿部は1打席目、初球空振り、2球目も打ちに行ったが、引っ掛けてしまい1塁ゴロに終わってしまう。

2打席目は2-2から空振り三振。マエケンに対して打線全体が淡白な打撃になってしまっていた。

3打席目は0-2からハーフスイングにバットが当たりファール、スライダーを打ち損じと2球で追い込まれてしまったが、5球目の低めの球を鋭く叩きセンター前にライナーを弾き返した。
3試合振りとなるヒットは良い形のライナーヒットだったと思う。
これで変わってくれれば…と思ったが。

4打席目はビハインドで9回、2アウト。相手中崎の球を3ボールまで見極めたのは良かった。
が、0-3からの4球目をハーフスイング、そのバットに打球が当たってしまい、まさかのセカンドゴロ。
空振りでも1-3でまだバッター有利のカウントだっただけに、サヨナラのチャンスだっただけに、悔やんでも悔やみきれない凡退になってしまった。

前の打席の長野が見逃し三振に倒れていたのも影響していただろう。
しかし、言い訳にしかならない。5番に入っている以上は、打って長野をフォローしてあげなければならなかった。
振り切ってもまだ有利だったのに、振り切れない。技術や体調よりも迷いが大きいように見える。

アンダーソンも2軍で打って昇格してきたが、1軍と2軍では全く違うはずだ。
村田も2試合連続で無安打に終わっている。
長野も中々率が上がってこない。
その中でも阿部の絶不調は際立ってしまっている。

もう残り40試合しか残されていない。
悠長な時間は残されていない。
打って、勝つ。それしかない。毎日祈っている。阿部を、巨人を救って欲しい。

2015年8月7日 阿部慎之助

1打席目 遊ゴ 3球(空振り,ボール,遊撃ゴロ)
2打席目 四球 6球(ファール,ボール,ボール,ボール,空振り,ボール)
3打席目 空三 6球(ボール,ボール,見逃し,ボール,ハーフスイング,空振り)
4打席目 空三 5球(ボール,ボール,見逃し,見逃し,空振り)
5打席目 四球 7球(ボール,見逃し,ボール,見逃し,ボール,ファール,ボール)


東京ドームに戻って広島戦。前回抑え込まれたジョンソンとの対戦になったが、再び巨人打線は沈黙した。

5番スタメンに復帰して初打席、1-1から3球目を合わせに行き、センター方向へのゴロを打った。
が、打球に勢いが無くショートゴロ。ただ、そこまで感じは悪くないように見えた。

2打席目は1.,2塁で迎えたチャンス。
1-3から空振りをしてしまったが、ボール球を全て見極め四球を捥ぎ取る。
これがジョンソンが出した唯一の四球となった。得点こそ入らなかったが後続に繋ぐ良い打撃だったと思う。

3打席目は1-3から止めたスイングをハーフスイング判定されてしまったのが厳しかった。
止めていたように見えたが…結果三振という悔しい打席になってしまう。

4打席目も流れを止めきれず、0-2から3球連続ストライクで空振り三振。
完璧なコースに2球決められ、打てる球が中々来ない。

5打席目は2点ビハインドの最終回、2アウト1塁で迎えた。
あの状況ではヒットを狙う意味が無い。ホームランしか許されない厳しい場面だった。
恐らく外角直球一本に絞っていたと思う。それしかホームランを打てる球は無かったし、良い選択ではあった。
ただ、2球抜けたような球でストライクを奪われてしまうと途端に厳しい。
フルカウントに持ち込んで6球目、低めの直球をファールで逃げたのは良い打撃だった。
結果抜けた球を選び、四球。ホームランを狙う中で、追い込まれたら次に繋ぐ。選球が出来ていたのは良かった。


打線全体にもいえることだが、とにかく打てない。
阿部個人としても再び.240を切ってしまった。
四球2つを選び、出塁が出来たのは巨人打線では上出来だったかもしれない。
しかし、打たなければ勝てない。

チャンスすらない中、最後の打者になっても四球を選ぶ阿部には諦めない闘争が見えた。
延長戦の後に14:00から始まる、厳しい試合になるだろう。
しかし、相手も同条件、2位とは0.5ゲーム差。厳しいが、勝たなければいけない。

阿部も打たなくてはいけない。一塁で出場を続けている以上、チームに報いなければいけない。
毎日、毎日、期待して見ている。諦めずに見ている。
阿部も、諦めず、粘っている。
次の試合も期待して見守る。


更新したつもりでしたが、下書き状態になっていたため、この時間の更新になってしまいました。

2015年8月6日 阿部慎之助

1打席目 二併 3球(ボール,見逃し,二塁併殺)


左の石川が先発、阿部はスタメンを外れ9回に代打での出場になった。

初球を見逃し、2球目も低めの球を見逃したがボールに見える球をストライクに判定されてしまう。
審判に詰め寄る珍しい姿が見え、続く外角のツーシームを引っ張ってしまった。

判定が厳しく、ゾーンを広げて打ちに行かなければいけなかったし、判定で冷静になれなかった部分もあったと思う。
しかし、連打で作ったチャンスで併殺は最悪の一打になってしまった。

結果が中々出ない、体の調子も良くないだろうし、言い訳を探せばいくらでも出てくる。
だけど、それでも打って欲しかった。ただ、その一言に尽きる。

今日1日スタメンで出るかどうかずっと不安だった。
代打で出てきて、明日に繋がればと思いながら見ていたが、良くない打撃をしてしまった。


明日も先発は左のジョンソン。
又スタメンを外れてしまうんじゃないかという恐怖がある。
何だかどうしようもなく不安で、色々作業をしようと思っていたのに何も手に付かなくなってしまった。

何度も書いている事だけど、実際に自分がどうなるか考えている阿部は僕よりもずっと不安だと思うし、結果が欲しいと焦っている。
だから、審判に対しても冷静でいられなかったし、悪循環に陥ってしまっている。

僕は選手に対して頑張れと言うのは凄く失礼な事だと思っている。
プロとして何万のファンに囲まれて毎日肉体を酷使して、朝から晩まで見えない所でも野球をしている。
そんな人間に対しての頑張れは余りにも軽過ぎる。
だから、僕はプレーを頑張れとか打ってくれとか、そういう意味で使った事は1度も無い。
でも、メンタル的な不安はどんなに練習しても取り除かれるものじゃない。
試合で結果を出して、やっと救われるものだと思っている。
結論を上手く書けないけど、今回はあえて頑張って欲しいと書きたい。
非常に追い詰められている状況だが、そこを乗り越えてプレーして欲しい。

プロと、僕らが共有出来るのは唯一精神的な部分だと思う。
打てない苦しみ、勝てない苦しみは入れ込めば入れ込むだけ痛い程分かる。
阿部からすれば、お前なんかに自分の苦しみが分かるか、と思われてしまうかもしれないが、僕も本当に苦しい。
本当はこんな話を書くつもりは無かったし、普通に短く更新して終わるつもりだったのに涙が出てきてしまった。
僕は阿部の精神的な支えになりたいが、永久にそうはなれないのだ。
いくら文章にしたところで僕の感情の1割も伝わらないだろうし、阿部の糧になる事は永遠に無いだろう。

しかし、それでも僕は改めて阿部がどうなろうと最後まで応援しようと決めた。
これからどんな形でプレーするとしても応援する。
もちろん打ってくれる見返りがあれば最高だけど、どんな結果を出したとしても同じ様に応援し続けようと思う。

僕は今まで阿部を応援しながら、阿部が打つ事で精神的に救われる見返りを求めて野球を見てきた。
でも、そんな不純な動機で応援し続ける事はもう辞めようと思う。
期待しないとか、そういう意味では無く、もっと純粋な気持ちで応援しなければいけない。
阿部のプレー次第で精神的にブレてしまうのは失礼では無いかと思い始めた。


涙のせいか感情の抑えが効かなくなっているので、非常に宗教的な内容になってしまったが、僕の阿部に対する気持ちはこういうモノが大半を占めている。
恐らく、落ち着いたらこの記事は編集されて別の記事になってしまうだろう。

しかし、考えて見ると14年の4月の様に始めた頃はこんな記事が大半を占めていた。
コメントを頂けた事で、どこか抑えた内容になっていたのかもしれない。
14年の9月までの5ヶ月は1つもコメントが無い中で純粋に僕の気持ちが悪い部分を出していた。
最初にコメントを頂いたときは本当に驚いたけど、続けて頂けるとは思っていなかったので長文の気持ちが悪い返信をした様な気がする。
毎回毎回コメントを頂く事ができて、活力にもなっていた。

2度目の離脱の時、余りにもショックで とても更新する気力が起きず、ブログ自体を辞めてしまおうか迷ったが、見透かされたようなコメントをされたときは本気で驚いた。
相手の顔の見えないネットであんなに素晴らしいコメントを頂いたのは初めてだったので、これから生きていく中でもあの衝撃を忘れる事は無い。
阿部以外のために更新したのは、あの時が最後だったように思う。

ただ、今回ばかりはブログのスタイルを考えなければいけない状況に陥ってしまった。
途中で阿部の打席次第でブレない様にと書きながら、既に無理なのでは無いかと思い始めている。
こんな記事をグダグダと書き綴っている現状が何よりもそれを示している。

2006年に作った誰も見ていないブログを再利用し、自分自身の愛を試すつもりでブログを改装した。
メモ帳にひたすらメモし続けても良かったが、それをしなかったのは僕自身どこかで返信を求めていたからだと思う。

だから、現在の(1人とはいえ)返信を頂き、それを糧に更新するというスタイルは僕が理想としていたブログである。
個人で完結している愛は愛では無い。
僕がどんなに個人に阿部に付いての感情を書き記そうと、それが世間に認められない以上は愛ではない。
コメントによって僕は救われ、阿部への愛も形になったのだと思っている。

恐らく僕以外のファンはこんな気持ちで野球を見ていないだろう。
もっと純粋な娯楽として野球を見、その中でヒーローを見つけ応援するに違いない。
そして、打った、打たない、で一喜一憂しながら人生の糧にする。
僕が、そうならなかったのは何故だろう。

最初にブログを始めたとき、こうやって書き続ければいつかそうならなかった理由や、阿部に対する愛が見えてくると思っていた。
しかし、僕は未だに両方が分からない。
見つけるために、明日以降も更新しなければならないだろう。
しかし、同じ様なスタイルで更新していく自信が無い。


こんな記事を出してしまう以上、読者様が今後も同じ様にブログを見続ける事は不可能だろう。
何故なら、僕と読者様では恐らく阿部に対する感情の質が違うからだ。
その質の違いと純粋な僕が明らかになってしまう以上、殆どの人間は気持ち悪いと離れていくだろう。

だけど、もうそれでも良いのかなと思う。
余りにもショックで、かなり自棄になっている。
自分の本質を曝け出すのがブログなら、この記事は今まで書いてきたどの記事よりもブログではないか。

見るのも自由なら見ないのも自由、それがブログである。
更新するのも僕の自由なら、更新しないのも自由。
内容に何を書くのかも僕の自由だし、この記事を公開するのも僕の自由である。


正直、ここまで書いてかなり落ち着いてきている。
この記事を途中からカットして、今まで通り気持ちよくブログを続ける事がベストだろうと考えている。
1度もそんな事を書いたことは無いが、コメントを貰えるのは非常に嬉しいのだ。
見て頂けている、反応を貰えるという事は僕にとって何よりも嬉しい。

1度席を立ち、公開するか、公開しないか、非常に迷ったが、僕はこの記事を公開する事にする。
僕はこのブログを始めてから純粋な自分を書いたことが無かったかなと思う。
だから、結果を利用するような形になってしまい、阿部にはとても申し訳無いが、いい機会でもあるかなと思う事にした。

僕は非常に悩み、疲れる人間である。だから、気持ちの整理も付きにくい。
最近は比較的安定した気持ちで野球を見てきたが、溜め込んだものが爆発してしまった。

ただ、阿部に対する気持ちは変わらない事、今後も読者様が消えてしまったとしても更新を続ける事を宣言しておく。

2015年8月5日 阿部慎之助

1打席目 空三 5球(見逃し,ボール,ボール,ファール,空振り)
2打席目 四球 5球(ボール,ボール,見逃し,ボール,ボール)
3打席目 二ゴ 3球(ファール,ボール,二塁ゴロ)
4打席目 左安 7球(ボール,ファール,空振り,ボール,ファール,ファール,左安打)
5打席目 空三 5球(ボール,ボール,見逃し,ファール,空振り)


勝ち越しをかけた首位攻防2戦目、苦手小川との対戦になった。

1打席目、1,3塁のチャンスで迎えた打席だったが、1-2からファールで打ち損じてしまい、ワンバウンドのフォークに三振。
前回はホームランを打っている小川だが、打てない。

2打席目は2アウトからだったが、1球も振る事無く四球を選んだ。
見極めはしっかり出来ている様に見える。

3打席目は止めたバットにボールが当たってしまいセカンドゴロ。
長野のホームランの後に続きたかったが、やはり小川と合わない。

4打席目は再び逆転を許し、ピッチャーロマンとの対戦。
フルスイングのファールなど良い形で粘りながら7球目の外角球を上手く合わせて流し打った。
このヒットが続く村田の逆転本塁打に繋がった。ともかく、1安打が出てくれたのは良かった。

5打席目は1点差で2アウト、得意秋吉ということでホームランを狙っていたのかもしれない。
フルスイングでファール、空振り、三振に倒れてしまった。


何とか長野と村田の本塁打で勝つ事が出来たが、やはり1打席目は決めたかった。
苦手小川だからタイミングの合わない部分もあったが、悔しい。

ただ、4打席目の様なヒットを見ていると、合う投手との対戦を繰り返せばどんどん上がってきそうな感じもある。

明日の先発は通算でかなり得意にしている石川。
前回は左の大野の時に休養を入れられたが、石川の試合で入れられないかが心配。
タイミングを掴むには絶好の相手だけに、先発で出場し、感覚を掴んで欲しい。

2015年8月4日 阿部慎之助

1打席目 三飛 5球(見逃し,ファール,ボール,ボール,三塁フライ)
2打席目 遊飛 1球(遊撃フライ)
3打席目 四球 5球(ボール,ボール,見逃し,ボール,ボール)


得意福島でのヤクルト戦。マイコラス、館山の投げ合いはマイコラスが制した。

阿部は1打席目、見逃しとファールで追い込まれてしまうが、ファールの打ち方は悪くないように見えた。
そこから2つボールを選んだが、5球目をミスショットしてしまいサードフライに終わってしまった。

2打席目は1,2塁のチャンス。初球から積極的に手を出したが再びミスショットでショートフライ。
チャンスで決めたかっただけに悔しい打席に終わってしまった。

3打席目は1点を取られた直後の先頭バッター。1球も振る事無くしっかり選球し、四球で出塁。
まだ速い回だったが、代走の鈴木に交代して御役御免。
結局阿部の四球から打線が繋がりを見せて勝利に繋がった。


今日はバッティングの感覚は悪くないように見えた。
打ちに行く球はまずまず良いコースに来ていたし、体調面でのミスショットかなと不安になってしまう。
本当なら4打席,5打席と周っていたかもしれないが、1,2打席を見ると試合途中で休んで少しでも体力を温存しておくのは悪くないと思う。
本当なら1本打ちたかったが、四球を選べたのは良かった。

明日、再び東京に戻り、神宮で2連戦。猛暑日が続き、体力的にはかなり厳しい試合になると思う。
だが、阿部にとって夏は得意な季節。悔しい思いをした分、ここで挽回して欲しい。

2015年8月2日 阿部慎之助

1打席目 空三 4球(見逃し,ボール,空振り,空振り)
2打席目 投併 5球(ボール,ファール,ハーフスイング,ボール,投ゴロ併殺)
3打席目 三ゴ 2球(ボール,三塁ゴロ)
4打席目 右飛 5球(見逃し,ボール,ハーフスイング,ボール,右飛)


6連勝を目指し先発に田口を立てたが、完封負け。相手投手の若松にはプロ初完封を献上してしまった。

1打席目、1-1から若松のチェンジアップに空振り。ストレートが全く入らない若松のチェンジアップを1球見て、再びそれに狙いを絞った様に見えたが、直球がインコースのいい所に決まって空振り三振。
それまで入らなかったストレートがコースに入ってきた。絞り方は良かったと思う。

2打席目はランナーを1塁に置いた打席。ハーフスイングで追い込まれてしまい、1球ボールを挟んで5球目。
崩されながら合わせに行ったが、詰まらされてしまいピッチャーゴロ。
最悪の併殺打になってしまった。

3打席目は1ボールからの2球目をファールしたように見えたがボールがフェアゾーンに転がってしまいサードゴロ。
余程チェンジアップに合わないと見える。

4打席目はライトへの飛球を上げたが、スタンドまでは届かず最後の打者になってしまった。


今日は打線全体が若松に対して手も足も出なかった。
要所要所を締められ、完全に抑えこまれた。

阿部も3打席目まで全くタイミングが合わず、追い込まれた4打席目でライトへ打球を上げるのがやっとだった。
今日に関しては中々打てるビジョンが見えなかった。

首位に浮上した直後に敗戦と悔しい試合になってしまったが、切り替えていくしかない。
火曜日は福島に移動し、神宮に戻って2戦。その後は東京ドームで3連戦が待っている。
屋外球場での3連戦は体力的にも厳しいと思うが、何とか耐え凌いで欲しい。

昨日の様に阿部の打撃から攻撃が始まる試合が多く見える。
5番に入り、打席を多くこなす事はチームにとっても良いだろう。

明後日以降、再び切り替えて試合に臨んで欲しい。
阿部のバットがチームを左右する。
打って、守って、チームを引っ張って欲しい。

2015年8月1日 阿部慎之助

1打席目 空三 6球(見逃し,ファール,ファール,ボール,ボール,空振り)
2打席目 見三 7球(ボール,見逃し,見逃し,ファール,ボール,ファール,見逃し)
3打席目 右本 7球(ボール,ファール,ボール,ファール,ボール,ファール,右本塁打) 9号 1打点
4打席目 空三 6球(空振り,ボール,ボール,見逃し,ボール,空振り)


昨日は休養で試合出場が無かったが、今日は5番一塁でスタメン復帰。
新外国人ネイラーに苦しめられた。

1打席目は簡単に追い込まれてしまったが、3球目のカーブを粘って上手くファールで逃げた。
その後、ボールを2球投げさせて最後は空振り三振に倒れてしまったが、3球目の粘りは良かったと思う。
簡単に三振せず粘れているから、結果は出ると確信していた。

2打席目は4球目のカーブ、そして5球目のチェンジアップと崩されながらファールで粘り、2-2まで漕ぎ付けた。
最後のカーブはボール判定でもおかしくなかったと思うがストライクを取られ見逃し三振。
阿部としては見極めたボールだっただけに悔しかった。

3打席目は外角のツーシームを2球打ち損じてしまったが、ファールを打ちながら2-3のフルカウントまで粘った。
そして、7球目、真ん中に入った変化球を振り抜いた。

img_20150801195430043_84633294299856437.jpg

完璧に捉え、ライトスタンド中段に飛び込むソロホームラン。
追加点を取られた直後、1点差に詰め寄る追撃のホームランになった。

前の打席までは初対戦で見過ぎてしまったという本人のコメントもあったが、この打席は積極的に手を出し、最後の最後に仕留めた。
フルカウントだったが、中段まで飛ばす完璧なホームラン。振り抜く事が出来る。状態は上がっているのだろう。

4打席目は又吉の球に当てる事が出来ず、フルカウントまで粘ったが空振り三振に倒れてしまった。
又吉、田島と中日の中継ぎ陣とは相性が良くない。特に又吉はプロ入りしてから1度もヒットを打てていない…。
本来左打者が得意にしている右サイドの投手なのに、何が合わないのだろう。


今日は他の打席は全て三振に倒れてしまったが、いい場面でホームランを打てた。
8月の最初の日にホームラン、いい形で走り出せると思う。
チームも9回にサヨナラ勝ち。阿部のホームランも効いていた。
久しぶりに5番に入ったが、良い打撃が出来た。

今、打線の形は凄く良いと思う。
早打ちの片岡、長野、カステラノスの間に待球傾向の坂本、阿部が挟まれている。
ピッチャーとしてはタイプが交互に変わるので攻め難いのではないか。
阿部が4番に入るのがベストだと思っていたが、今日の試合を見ると長野を坂本と阿部で挟む形の方が良いのでは無いかと感じる。
亀井が1ヶ月近く戻れない以上、この打順を固定して欲しいと思う。

とりあえず8月初の試合で1本ホームランを打つ事が出来た。
打てなかった打席も含めて全打席6球以上粘り、今日は1人で27球を投げさせた。
凡退してしまってもチームに貢献する姿は流石。

昨日休んだ分、明日も打ちまくって欲しい。
2カード連続3タテが掛かっている。今日で再び首位に浮上した。
阿部のバットで3タテを決めて欲しい。
プロフィール

ハイツ北村

Author:ハイツ北村
上原浩治と会いたい。
阿部慎之助と話をしたい。
道重さゆみと結婚したい。

どれも現実にしてみせます。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
アクセス数
リンク