阿部慎之助の終焉まで看取るブログ 2016年11月

グラジオラスの轍(と、契約更改)

以前の放送を編集し、シーズン終わりに追加した様な形でしたね。
内海との対比が上手く編集されていていつ見ても面白い番組だと思います。

契約更改の場で来年は一塁一本でやると話していましたが、この番組で先に触れられていました。
確かヘルニアもこの番組で初めて発覚(何かのドキュメントだった事は確か)していましたし、日テレよ これで良いのかと感じます。

肩の調子に関して、ハッキリ良く無かったと断言しなかった事からも良く無いままなのが分かりました。
それだけに一塁専念が見えたのは良かったです。

やはり、プロ野球というのは毎年毎年新しい選手が出てくる舞台で、素晴らしい選手もどんどん記憶が薄れていってしまうものです。
その中で消えずに残るのが記録だと思います。
正直12年にタイトルを獲るまでは、阿部はどうあっても素晴らしい選手なのだからタイトルなんて無くても同じだろうと思っていました。
が、世間は皆阿部だけを見ている訳ではないのですね。
他球団のファン、プロ野球ファンの記憶に残るために、僕はどうしても2000本を、400本を打って欲しいのです。

一塁専念が決まった事で記録が伸ばせるのは本当に嬉しい。
原前監督も、高橋監督も達成出来なかった2000本安打、400本塁打、何れも狙える位置まで来ています。
なんとか来シーズン、2000本を達成して本塁打も伸ばして欲しいですね。

テレビの感想

最後の抱負というのは捕手関係ではありませんでしたね。

30本打ちたいというのは去年のトークショーでも言っていました。
フル出場したい というのは怪我が多い最近だからこその発言でしたね。

個人的には来シーズンも一塁で専念して欲しいなと思っています。
外野手のFA補強がほぼ不可能になってしまった以上、現状の戦力にプラスアルファを望むのは難しいでしょう。
阿部が捕手復帰して休み休みになってしまうと、再び4番の問題が生じてしまいます。

4番としてフル出場、3割30本、2000本、そして優勝、大きな目標がいくつもあります。
阿部の言葉を聞いて、来シーズンも楽しみになりました。

フルで出れば20本はクリア出来るでしょう。30本まで行けば2000本、400本塁打という素晴らしい記録も見えて来ます。
是非、そこまで行って欲しいところです。

テレビに出演

現役プロ野球選手500人がベスト「珍プレー」選ぶ…乱闘シーンも登場

土曜日にこんな番組があることも知りませんでした…。
録画して後で見ようかなと思っていたのですが、気になる記述が。

巨人・阿部慎之助(37)は、今年の広島は「確かに強かった」と認めつつも、来年に向け驚きの抱負を披露。

驚きの抱負…何でしょう?捕手の事でしょうか。
個人的には2000本を打つまでは一塁で専念して貰いたいのですが…。
現状阿部が一塁から抜けてしまうと休み休みになってしまいますし、打線の迫力が一気に無くなってしまいます。

どんな発表なのか、心配です。
プロフィール

ハイツ北村

Author:ハイツ北村
上原浩治と会いたい。
阿部慎之助と話をしたい。
道重さゆみと結婚したい。

どれも現実にしてみせます。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
アクセス数
リンク