阿部慎之助の終焉まで看取るブログ 

2018年7月6日

第1打席 空三 6球(ボール,ボール,ボール,見逃し,空振り,空振り)


この日も代打待機で8回1アウト1,3塁、ピッチャーフランスアの場面で起用された。
高めのスライダー2球を見逃して2ボール、続く高めの直球もハーフスイングながらバットを止めて3ボールとした。
4球目の外角スライダーはまぁ見逃すのは仕方ない。5球目の甘く入って来たスライダーを強振したが捉え損ね、最後は外角低めに落ちるスライダーに空振り三振に倒れた。

良い場面で起用しようという監督の考えは分かるが、今シーズン左投手との対戦が全く無い状況では厳しい。
3ボールと最高のカウントを作りながら三振してしまうのは悔しすぎる。

今後も状態をキープできれば良い場面での起用、そして結果が付いてくると思う。
負け試合で打って勝ち試合で打てないというのは悲しい。
勝利へ貢献出来る一打を見たい。

2018年7月5日

第1打席 中安 5球(見逃し,空振り,ボール,ファール,中安打) 1打点


この日も代打で待機し、8回1アウト2,3塁、ピッチャーパットンの場面で登場。

初球、外角の変化球を厳しいコースに決められてストライク。続く内角低めのボール気味の変化球を空振りして追い込まれてしまった。
高めの釣り球を見逃し、内角低めの変化球を引っ張って何とかファールにした。
5球目、外角直球にバットを合わせた。これがフライとなりセンター前に落とした。陽岱鋼が転んでしまい1人しかランナーが返ってこられなかったが、2試合連続代打タイムリーを放った。

追い込まれた状態から最低でも犠牲フライを狙っていたように見えた。
高めのボールにバットを当てて絶対にゴロを打たない。阿部らしい状況を見たバッティングだったと思う。
ビハインドからの厳しい代打で2試合連続で結果を残したのは素晴らしい。
これで途中出場からの打率が.280まで上がった。長打こそ二塁打一本しかないが、代打で長打狙いは中々難しいものがある。
仕方ないと割り切るしかないだろう。

金曜日からの広島戦は大瀬良が登板予定だ。マギーの状態を見ていると阿部でも良いのかなと思うが。
それは自分が阿部のファンだからかもしれない。
代打にしろ、スタメンにしろ、何かしら結果を残して欲しい。
そして、勝利に繋がる一打が放つ事が出来ればこれ以上はない。

2018年7月4日

第1打席 右安 6球(ファール,空振り,ボール,ファール,ボール,右安打) 2打点


この日も代打待機で7回ノーアウト2,3塁のチャンスで起用された。DeNAはウィーランドを続投させて勝負に来た。
初球から振りに行き高めの直球を捉えたが、スイングが速くてファール。続く落ちるボールを空振りして追い込まれてしまった。
内角低めの落ちるボールを避けてボール。甘く入って来た直球を振りに行ったが、打ち損じてファール。
高めの近いボールを仰け反って避けた直後の6球目、内角低めの直球を腕を抜いて上手く捉えた。
一二塁間をあっという間に抜けていくゴロヒットでランナー2人を返して1点差に迫るヒットだった。

初球から良く振りに行ったが、余りにも惜しい打球だった。
2球目の落ちる球に空振りする姿は前日を思い出してしまう厳しい対応だったが、その後は良く粘った。
特に5球目に仰け反らされて内角低めをしっかり捉える技術は素晴らしい。
直球だけに絞っていたように見えたが何より結果が出て良かった。

岡本は無安打が続き、マギーも絶好調期間は終わったように見える。
とりあえず結果を残した阿部を使うならここではないかと思うが、次は左の今永とタイミングが悪い。
しかし、岡本の不調は明らかに体力不足で使い続ける意味があるとは思えない。
数試合は阿部と交代して休んでも良いと思うが…。

2018年7月3日

第1打席 空三 5球(ファール,ハーフスイング,ボール,ボール,空振り)


この日も代打待機で6回1アウト2塁ピッチャーバリオスの場面で登場。
外角のカットボールを引っ掛けてファール。内角の明らかなボール球をハーフスイングで追い込まれてしまった。
3球目の外角低めに際どい直球が来たがこれを見逃しボール。続く同じ様な低めのボールも見逃し2-2とした。
勝負球は5球目の内角低めの変化球だったが、体勢を崩されて三振に倒れた。

内角低めの変化球、外角高めの直球、この2つはもう数年前からどうしても当たらないのに振ってしまう。
ボールが見えていないのではないかと疑ってしまうようなスイングだった。
調子が良いとこの2つを見逃しているので、阿部自身も難しい、見辛いコースというのは分かっていると思う。
それでも振ってしまうのは、やはり調子が落ちてしまったのだろうか。

良くなったと思ったらあっという間に逆戻りというのを何度も繰り返している。
この日はバリオスが明らかに良かったから仕方がないという意見もあるだろうが、自ら追い込まれに行ってしまっては相手の調子どうこうではないだろう。

起用法の関係で調子を保つのが難しい、確かにその通りだが、もうシーズンは半分を過ぎてしまった。
慣れない、という言い訳はいつまでも通用しないだろう。
この日の三振で遂に安打数を三振数が上回ってしまった。
何とかして貰うしかないが…。打席数も稼げない現状でどうすれば良いのか、中々ビジョンが見えてこない。

2018年7月1日

第1打席 空三 4球(空振り,空振り,ボール,空振り)


9回2アウト1,2塁でピッチャー祖父江の場面でヤングマンの完封を切ってまで起用されたが、今シーズンワーストと言っても良いくらい酷い打席だった。

いきなりとんでもない振り遅れのスイングで2球目の内角直球も振り遅れ、外角の落ちるボールは見送ったが、内角高めに浮いた変化球に全くタイミングが合わず空振り。
3球スイングして1球もバットに当たらなかった。

岡本がかなり下がってきているので阿部と交代して数試合リフレッシュしても良いかもしてないと思っていたが、この内容では厳しいだろう。
とてもバットに当たるとは思えなかった。

どうすれば良くなるかなと考えているが、中々思い浮かばない。
良くなったり、悪くなったりを繰り返しているのがスタメンなら救いようがあるが、代打では起用する側も困るだろう。
出番が少なく調整が難しいのはある。だが、もう7月に入った。
1軍の戦力として生き残るには結果を出すしかない。
チームメイト、監督、ボール、環境を言い訳にして同情を誘う事は出来ても結果が無ければ現役として続ける事は出来ない。
落合は起用に同情されながら辞めなければならなかったし、小笠原は違反球じゃなければと今でも言われるが巨人に居る事は出来なかった。
阿部は巨人の監督になる。他球団でプレーすることはあり得ないだろう。
巨人で現役を続けるなら、打つしかない。
俺は阿部なら出来ると思っている。ずっと、期待している。
プロフィール

ハイツ北村

Author:ハイツ北村
上原浩治と会いたい。
阿部慎之助と話をしたい。
道重さゆみと結婚したい。

どれも現実にしてみせます。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
アクセス数
リンク